「マッキーのつれづれ日記」

進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、教育や受験必勝法を伝授。また、時事問題・趣味の山登り・美術鑑賞などについて綴る。

マッキーのお出かけ:初秋の海と山で遊ぶ

2017年10月12日 | お散歩・お出かけ・遊び



 
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
ブログ人気投票にクリックいただけると幸いです。


 外へ出ると、甘い独特な香りが漂ってきます。キンモクセイの花の香りです。爽やかな秋風とともに感じられることが多いのですが、今年は、気温が25度を超える夏日の秋の香りです。8日(日)・9日(体育の日)の連休、小学3年生の娘と初秋の海と山へ出かけました。

10月8日(日)・・・葛西臨海公園

 今年の夏は、海へ連れて行かなかったので、近くの葛西臨海公園で浜遊びをさせようと思い、出かけました。下の画像のように、キバナコスモスが満開でした。草原では、特別な仕掛けを使って、大きなシャボン玉や、数多くのシャボン玉を一斉に作って楽しんでいる方がいました。娘は、まずそこでシャボン玉と大いに戯れていました。

 シャボン玉は、太陽光線を反射して虹色に輝くのですが、童謡「シャボン玉」でも痛感するように、とてもはかない存在だから、より美しく感じるように思います。







 子どもは、泥遊びが大好きです。葛西臨海公園の浜は、砂浜ですが、干潟っぽい条件もあり、泥状態の場所もあります。まずは、砂を積み上げて山作り。しばらくすると、カニやヤドカリや貝類を探して、海の中へ入り込んでいきました。







 子どもが遊んでいる間、浜辺の石に腰かけて娘と海を眺めていました。キラキラと太陽光線を反射しながら、長閑に波打つ海を見ていると、秋というよりも、まどろむような春の海を感じてしまうほど、心も体も温かくなる日でした。

 昼前に、砂遊びを終えて、原っぱで昼食をとりました。その後、消波ブロックでカニ採りをしました。割り箸の先にテグスを結び、下にアタリメを付けた極めてシンプルな仕掛けです。「カニさんも裂きイカが好きなんだね。」と言いながら、カニを釣り上げていました。このカニは食用にもできるのですが、バケツのカニは、帰りに全て戻してあげました。

 公園内で大道芸をやっていました。こうした大道芸がとても好きな子で、喜んで見ていました。葛西臨海公園は、都心から近くて気軽に浜遊びができるので、とても利用価値のある場所です。一之江駅行きのバスに乗り、新宿線の船堀駅で途中下車して、まねきの湯(以前の東京健康ランド)で入浴してから帰宅しました。私自身の運動にはなりませんでしたが、砂遊びやカニ釣りが楽しかったという、娘の感想でした。






10月9日(体育の日)・・・日向山

 奥武蔵の芦ヶ久保駅から、ハイキングレベルで登れる日向山(ひなたやま・627m)へ行きました。昨年も同様のコースで歩いた場所です。ここは、山歩きだけではなく、山麓に広がる果樹園で、昨年はりんご狩りを楽しみました。今年も、同様なことを考えて出かけました。





 駅からしばらくは、舗装された坂道を歩きます。途中の源寿
の境内には、芦ヶ久保の観音様と呼ばれている大きな観音様があります。ここを過ぎて、下の画像の小川を渡る橋を越えると山道となります。





 しばらく山道を歩き続けると、小さな山里に到着し、そこに琴平神社があります。鐘楼のような休憩スペースがあります。登って腰かけると涼しい風が心地よく感じられます。琴平神社の鳥居を越えて階段を登ると、小さな社があります。
 
 その左手に害獣除けのフェンスがあり、開閉するドアが設置されています。娘は、ちょっとびっくりしていました。クマなどの獣が居る檻の中に入っていく感覚でしょうか。無論このフェンスは、全国的に増えている鹿の食害を防ぐためのもので、熊除けのものではありません。

 ただし、クマに注意の看板はありましたので、クマが出没することもあるようです。サルに餌を与えないようにという看板もありましたので、サルも出てくるようです。





 最後に急な階段を登り、しばらく歩くと日向山の山頂に到着します。南側が開けて展望が良い山頂です。正面に二子山、右手に武甲山が望めます。この山は、良く日が当たることから付けられた山名だろうと思います。







 子どもが、おにぎりのご飯粒を落としました。間も無く、小さなアリがご飯粒を運び始めました。すると、少し大きめの別の種類のアリが、そのご飯粒を横取りしました。小さなアリは諦めきれずに、うろうろしていました。数種類のアリが、生き残りの為に戦い続けているのです。そんな小さな世界を、外で食事をすると、垣間見ることができます。そんな意味でも外で食事をするのは、とても楽しいことです。





 この地域の低山では、まだ紅葉には時期的に早いのですが、紅葉しかけた木々を見ることができます。もう少しで、もっと美しい自然を楽しむことができる季節となります。





 昨年訪れた果樹園は、登山路を囲むようにキュウイが鈴生りでしたが、肝心のリンゴの木が切り払われてありません。おまけに、管理人もいませんでした。ということで、果樹園でりんごかブドウの摘み取りができると思っていましたが、今回は残念! 娘も残念がっていました。

 車道ではなく登山路を選択して歩き、小川を渡ってしばらく行くと、果樹公園と呼ばれる場所があり、とても長いローラーコースターがあります。下まで滑って、再び元の場所に戻るのが大変に感じるほどです。

 芦ヶ久保駅に並ぶように「道の駅」がありますので、そこでソフトクリームを食べ、売店で地元のブドウを少し買って帰りました。山登りで使う西武秩父線の奥武蔵の山は、私自身の山登りではそんなに感じませんが、家族で来ると、とても時間がかかり、遠くへやってきたという印象を受けます。それでも、様々な自然が残ったとても楽しい場所です。

 日頃経験できない体験や、日常は感じない感情を刺激するお出かけは、子どもにとって、とても貴重だと思います。それは、費用をかけて遠出しなくとも、比較的近くでも楽しめると思います。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マッキーの教育:今年も公立... | トップ | マッキーの随想:秋雨前線と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お散歩・お出かけ・遊び」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。