goo

こんばんは

本日、同僚の先生からとっても素敵な話を聞きました。

学園祭に遊びに来ていた高校生が「入院中にHPSに出会って本当に助けてもら
いました。将来、HPSになりたいと思っています」と話してくれたそうです。

そう話す高校生の目はとてもきらきらしていて、
まぶしかったと同僚の先生が教えてくれました。

もう1組、県大の看護学部の学生さんも新設した
「HPS入門」を受講出るかどうか訊ねてくれたとか・・・。

充分な返事ができずに失礼しました。

申し訳ありませんが、覚えのある学生さんは
HPS事務局までメールいただけますか?
何らかの方法を考えたいと思います。

とにかく、ホスピタル・プレイの理解者を
一人でも多く増やすことが大事だと思っています

まっちゃん

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

英国で遊びに関する会議があります

ご無沙汰しています。
何故か、とても忙しい毎日が続いています

さて、明後日からは英国を訪問します。
理由は2つありまして。。。

1つはノッティンガム子ども病院で開催される
ホスピタル・プレイに関するシンポジウムにおいて、日本の現状を発表すること。

もう1つは、マンチェスターで開催されるEuropian Association of Children in Hospital(EACH)が
2年に一度開催する大会に参加するためです。

遊びを使って子どもたちを支援する海外の仲間に会えることは、
いつもうれしいことです。

EACHは初めての代表参加となるため、
どんな内容になるのか楽しみです。

また内容は報告させていただきます。

プログラム 

この時期には、日本のHPSが3名ほど、
Pool病院の小児科病棟とUCLH子ども病院において実習をするために渡英します。

受け入れてくださる英国の病院とHPSに感謝しつつ、
実り多い研修となるようみんな頑張ってくれることと期待しています。

成果のほどは日本の子どもたちとHPSに還元してもらいたいなと思います


まっちゃん
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )