gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポルトガル空軍

2010-03-02 11:16:32 | 日記
ポルトガル空軍(ポルトガル語:Força Aérea Portuguesa、FAP)は、ポルトガルの軍事組織(ポルトガル陸軍、ポルトガル海軍、ポルトガル空軍)の内の空軍。2007年時点で現役7,100人。戦闘機パイロットの平均飛行時間は180時間/年[1]。空軍の起源は1912年に設立された陸海軍の航空隊に求められる。1952年7月1日に陸軍航空隊と海軍航空隊は統合され新軍種として独立する。概要ポルトガル軍における航空隊の歴史は、1911年に設立された気球中隊に遡ることができる。これは、陸軍の電信部隊の中に設立されたもので、後に少数の航空機も配属された。第一次世界大戦に参戦したポルトガル軍は、戦闘用航空機は保有していなかったものの、少数のパイロットが、フランス軍の航空隊に参加している。1918年に航空隊が設立されると、同時にAlvercaに飛行学校も設立された。1949年にポルトガルは北大西洋条約機構(NATO)に加盟する。1952年に陸軍航空隊は海軍航空隊と統合され、独立空軍となった。1960年代には、植民地であったアンゴラやポルトガル領ギニア(ギニアビサウ)、モザンビークでの紛争に関与し、1974年のクーデターにも関与している。1975年までに各植民地が独立すると、空軍は大規模な再編制を行っている。1974年には850機の航空機を保有していたが、1976年にはその三分の一まで機数を減らしている。1990年にA-7P攻撃機の代替として、アメリカから20機のF-16A/B Block 15 OCUの導入を決定、1994年から引き渡しが行われた。また、他国では海軍が運用するP-3P哨戒機を保有している。組織空軍は大きく3つの指揮命令系統組織に分かれている。空軍人事集団(CPFA)空軍作戦集団(COFA)空軍兵站管理集団(CLAFA)中央機関空軍参謀総長(CEMFA)の下で空軍は指揮される。空軍参謀本部は空軍中将を次長に指定し、最高意思決定機関として機能し以下の組織を直接指揮下におさめる。空軍参謀本部(EMFA) 空軍監察官空軍高等研究所空軍士官学校情報技術総局航空博物館空軍歴史資料館空軍音楽隊空軍作戦集団空軍作戦集団(Comando Operacional da Força Aérea、COFA)は、中将を司令官に空軍の実戦部隊の運用を担当し、領空警備、計画、組織の方

彬子さま、英国へ出発(時事通信)
<掘り出しニュース>丹波竜調査で鳥脚類の化石発見 他種の恐竜発見は初(毎日新聞)
6月に児童ポルノ対策=政府(時事通信)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
<ブログ市長>「妨害勢力は一掃」施政方針演説で(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裁判員裁判で初の死刑求刑か... | トップ | 「憎まれるのはオレ1人でい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。