goo

保津川下りの船頭さん

うわさの船頭「はっちん」が保津川下りの最新情報や、京都・亀岡の観光案内など、とっておきの情報をお届けします。

前日の閲覧数
468PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

シリーズ・保津川を下ろう!山本浜

保津川下りの乗船場から出発して15分ほどすると、
いよいよ前方に保津川渓谷の入口が見えてきます。

この保津峡の入口右岸側、川岸が平坦に整備された
ところが‘山本浜’と呼ばれる場所です。

‘浜’という呼び名が付いていることでも分かる様に
ここには昔、保津川下りの前身である遊船の船着場が
造ってあった所なのです。

この‘山本’という名前は、保津峡入口・右岸すぐ横の山裾に
ある小さな集落の地名で、太古の昔、保津峡を切り開いたと
伝えられる‘大山咋命(おおやまくいのかみ)’を祭神とする
桑田神社がある、古くから保津川に縁深い集落の名前を
取った浜なのです。

この山本浜には大正時代「山本浜嵐峡遊船株式会社」という
観光船の会社が存在し、この浜から、遊船が出航して
いました。

この会社は、今の保津川下りの乗船場がある‘保津浜’から
出航していた遊船の会社とは全く別の組織で、山本の集落の
人々が独自で立ち上げた会社だったのです。

つまり、大正から第二次大戦後の昭和23年まで、
保津川下りの会社は2社、存在していたのです。

この保津峡の入口にある山本浜は、京都から行くと洛西と丹波の境、
老ノ坂峠を西へ越え、そのまま山裾伝いを下ったら一直線上に
位置するアクセスのよさから、京都の観光客に大変人気が
あったと聞いております。
しかも、この‘山本浜’は渓谷の入口にあるので、
船を出航させるとすぐに急流が楽しめることから
外国人観光客にとても人気があり、当時では珍しく
国際色豊かな賑わいをみせていた‘浜’だったのです。

昔の浜は、川岸まで石段がつけてあり、その下から
船が出られる様に整備されていたそうです。

今では、遊船が出ていた当時の面影は全く残ってなく、
京都府の桂川河川改修計画により、
護岸を平坦に広く整備した段差のある
川岸に改修されています。
休日にはラフティングの出発点に使用されたり、
家族連れや若者グループがバーベキューを楽しむ
憩いの浜として、姿を変えているようです。

周りにはトロッコ列車の亀岡駅やJR山陰線・馬堀駅が
あり、今では浜のすぐ近くにたくさんの住宅地も
できています。

この浜には私はっちんもいくつかの思い出があります。

幼かった頃、父に「船を見に行こうか!」と誘われ
よく、この浜の先端部で、下っていく保津川下りの
船を見に行きました。
この時のイメージが、私の船頭になった動機のひとつ
でもあるのです。

はっちんが遊船に入った当時も、まだ原風景が残っており
その‘山本浜’から、今度は我が妻に連れられて幼い頃の
息子が「おとうたん〜」と叫びながら、手を振っていた
いたのもこの‘浜’でした。

そういえばTVの「人生の楽園」の撮影で、
夫婦のツーショットインタビューを撮ったのも
この‘山本浜’だったな〜
番組のオープニングのシーンで、二人で語らいながら
歩いたりもしました。

本当にこの‘山本浜’は、人生で忘れることの出来ない、
色々な思い出が詰った‘浜’なのです。。

*写真は対岸から見た‘山本浜’。後方にトロッコ列車の
 駅も見えます。


ジャンル:
キーワード:
トロッコ列車人生の楽園ラフティング第二次大戦

あわせて読む

最近の画像 もっと見る

人気記事ランキング

  1. 保津川下り‘船頭物語’〜厳しく寒い冬の船頭生活から〜
  2. 旧近衛公の別荘で湯豆腐料理、料亭・松籟庵。
  3. 嵐山もみじ祭は雨の為、中止となりました。
  4. 夕日のライトアップ!自然が織り成す秋の風景。
  5. 我が師の教えと思い出。
  6. 心を映す保津川の水鏡・・・まさかさかさま・・・
  7. 今日は我が住む町の「夏祭り」
  8. 乗船受付窓口にかわいい「折り紙舟」が登場!
  9. 丹波路を激走!全日本ラリー選手権が開催
  10. 秘伝のタレと分厚い肉が自慢!嵯峨嵐山 「焼肉 李」さん。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

  1. 最新版 平成26年度 宅建試験 合格推定ライン 推定番号一覧 みやざき塾の2014年的中実績!
  2. 2014年(平成26年度)宅建試験合格体験記 I.S様

この記事のツイート

コメント

  • 明日、岩つつじ植えます
  • はかせ
  • 2005-06-14 11:07:06
  • こんにちわ!!

    市民新聞のハカセです!

    このページ、お気に入りに登録させていただきました。



    へーー、「山本浜」っていうんですか〜。勉強にんなります。

    明日、保津川で岩つつじが山野草を守る会によって植え付けられますが、ハカセは取材で行ってきます!はっちんさんいるのかな???(笑)

    「山本浜」、注意してみてみますね〜。

  • お世話かけます。
  • (はっちん)
  • 2005-06-14 12:07:41
  • はかせさん、こんにちは。

    そうですね〜明日は「保津川・岩つつじを守る会」恒例のつつじ植えですね。

    残念ながら、私はっちんはその船には当たっていません。私は明日、10時〜11時頃の出船になりそうです。植えてられる時に、通って行くと思いますので、手を振りますね!

    このブログに書いた「はっちんのトレードマークー」で探して見て下さい。(同じ帽子を被る

    ‘同士’がもう一人増えたので要注意!)



    うどんの庄ちゃんの「さぬき亭」には、最近同僚の森田君に誘われて行きました。

    とてもアットホームな雰囲気の店で、うどんも

    最高においしかったです。お気に入りに登録しておきます〜

  • 始めて知りました
  • さのし
  • 2005-06-14 18:20:59
  • カヤックの出艇もいつもあそこからですが、山本浜という名前は初めて知りました。仲間内では「馬堀のいつものところ」で通じますので… 確かに考えてみるとあそこにあれだけの空き地があるのは何かがあった証拠ですよね。



    先日の写真(http://homepage.mac.com/satoc/Canoe_Kayak/PhotoAlbum75.html)のPICT0036.JPGからPICT0047.JPGまでは山本浜から撮った写真です。

  • 山本浜
  • (はっちん)
  • 2005-06-14 19:22:42
  • さのしさん、お久しぶりです。

    山本浜は代々、山本の集落の人達が守り続けていた地です。戦後、保津の浜から出ていた会社と合併して以来、今も山本出身の船頭さんは、山本支部として組合に参加されておられます。

    奈良時代の筏下りから延々、喜びも苦しみも川とともに過ごしていた村人から、今の保津川下りは継承されているのです。歴史の重さを感じずにはいられないです。

  • 実は・・・
  • (カメ亀)
  • 2005-06-17 12:19:11
  • 私、小学生の頃、保津峡の船着場の近くで水遊びをしていたんです。調子に乗って、深いところまでいってしまい、流されてしまいました。

    近くにいた船頭さんに助けてもらいました。怒られもしたけど・・・。でも、あの時助けてもらえなかったら・・・。

    どなたか分りませんけどありがとうございました。

    保津峡では良い思い出があるカメ亀でした。

  • よかったですね。
  • (はっちん)
  • 2005-06-17 16:57:00
  • カメ亀さん、こんにちは。

    保津峡には毎年、夏になると多くの方が

    バーベキューや泳ぎに来られますが、

    水の事故が後を絶ちません。

    カメ亀さんはラッキーでした。

    船頭は川での事故にいつも心を痛めています。

    無茶をせず、安全に遊んでほしいです。

コメントする・もっと見る

1年前の記事