浄土真宗親鸞会 きらり☆金沢

金沢で親鸞聖人の教えを学ぶ仲間たちのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

親鸞聖人降誕会(前編)

2009-06-21 22:26:46 | 講演会~親鸞会館~
昨日、今日と2日間、親鸞聖人降誕会が親鸞会館にて行われました。

親鸞聖人がお生まれになられたことを祝して勤められる御縁です。

親鸞聖人のお言葉、
「利他の信楽うるひとは
 願に相応するゆえに
 教と仏語にしたがえば
 外の雑縁さらになし」
について、教えていただきました。

利他の信楽とは他力の信心ということです。

世間で信心というと、心で何かを信じることをいいます。
例えば、明日も生きておれると信じている。
他にもいろんなことを信じて私たちは生きています。

しかし、それらは、
「万のこと皆もって、空事たわごとまことあることなし」
と親鸞聖人が言われている通り、まことはないのです。

親鸞聖人の言われる信心は、そういうものとは全然違います。
他力の信心、阿弥陀仏のお力によっていただく信心のことなのです。
他力の信心をいただいたことを、信心獲得とか信心決定とかいわれます。

信心獲得した人は、どうなるのか?
外の雑縁さらになし。
何事も障りとならない世界に出られるのだ、と言われています。

歎異抄には、
「念仏者は、無碍の一道なり」
と言われています。

では、どうすればそのような世界にでられるのか
続きはまた今度・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信心決定あれかし | トップ | 親鸞聖人降誕会(後編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。