大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

畑のこと(土井卓美)

2017年11月07日 18時37分39秒 | Weblog

人気ブログランキング←クリックをお願いします


5m×10mという狭い貸農園ですが多くのものを与えてくれました。
それは単に作物の恵みのみならず、それと同等かそれ以上かも知れぬ精神的な安らぎの供給源としての役割を果たしてくれました。
年間を通じて手を掛ければ掛けただけの反応を見せ、手を抜くと忽ち雑草や害虫に攻められて悲鳴を上げます。
汗をかいたりふらふらになったりしてでも一所懸命世話をした自分の畑が周りに比べても立派な姿を維持しているのを見るのは心落着く瞬間です。
周囲の区画は殆どが高齢のご婦人が長い時間をかけて世話をされるのに対して、私は短時間に集中して作業をするので体力的にはかなりきついものがありました。
小まめに来ておられたご婦人の多くがこの夏あたりから殆ど来られなくなり、雑草に覆われる区画が大半になってきました。
私の所も西瓜とトマトの収穫時以降は手抜きの状態になり、雑草の中で虫が付いたのに気付かず蜜柑の木を1本枯らしてしまいました。
そして昨日は里芋掘りをし、雑草の始末をしました。
後僅かに残る里芋を収穫したら今年の畑仕事はお仕舞です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫(俳句)(土井卓美) | トップ | 登校の列と小ギャンブル(土... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事