大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

「感覚」(土井卓美)

2017年06月18日 15時42分16秒 | Weblog

人気ブログランキングクリックをお願いします


これまで何日も続いた晴天が一転して今にも降りそうな天気になっています。
昨日晴天下でのGゴルフで久しぶりにホールインワンが3個来ましたが、他にも達成者がいてトップ賞は取れませんでした。
他の競技でも一緒だと思いますが、調子のいい時と悪い時の差はかなり大きいものがあります。
その他に前の人が強く打ち過ぎると自分は必要以上に弱く打ってしまい、その逆もよくあります。
周囲の状況によって自分の感覚が微妙に狂ってしまうのです。

昨日の午後は地元の句会がありました。
これまでもかなり感じてはいたのですが、昨日は特にその感を強くしました。
リーダーの先生と自分との感覚のずれが大きくなっている気がしています。
先生2人が共に「篝火に浮き立つ鵜匠阿修羅めく」の句を特選にして激賞されましたが、私は並選にも取りませんでした。
理由は特に悪い句ではないが、取り上げた対象も表現もありきたりで、新しさ感動が薄く陳腐な感じすらしたからです。
私の特選は「ハイウェイの裏見上げたり青田道」でサブリーダーの先生の句でしたが、他の誰もこの句は並選にも取っていませんでした。
そして私の並選の中に今回は先生2人の句は他に1句も入っていませんでした。


サフィニアフリル
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの美術展(土井卓美) | トップ | カードによる振り込みロック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL