大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

「穀雨」など(土井卓美)

2017年04月20日 18時30分54秒 | Weblog

人気ブログランキング←クリックをお願いします


今日は二十四節気の内の「穀雨」です。「清明」から15日目で次が「立夏」となり季節が移っていきます。
よく「清明」を過ぎると雪が降らなくなり、「穀雨」の後は霜が降りなくなるなどといわれています。
「穀雨」は穀物を育てる雨という意味で、この春の雨が田畑を潤し、穀物の生長を促します。
よく似た言葉で「慈雨」がありますが、これは季節に関係なく、ほどよくものをうるおして育てる雨のことで、困った時の思わぬ救いの意味で「旱天の慈雨」という表現がよく用いられます。
余分なことですが、このことから私は必然的にあの「水滸伝」の「梁山泊」の頭領「及時雨」の「宋江」を思い浮かべます。

今は曇ってきていますが午前中のGゴルフの時は晴れていて暖かく、上着を1枚脱いでプレイしました。
喫茶店での話題に年金がまた減らされたというのがありましたが、結論は年金が貰えて、こうして毎日Gゴルフが出来、仲間と交流出来ることは有難いことだということでした。全くその通りだと思います。


マンション花壇の芝桜


今貰って来た揚げたての天婦羅
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食材(土井卓美) | トップ | 挑戦(土井卓美) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL