学芸員のちょっと?した日記

美術館学芸員の本当に他愛もない日記・・・だったのですが、今は自分の趣味をなんでも書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『考える人』の休刊

2017-04-25 20:26:23 | その他
書店へ出かけると、真っ先に向かうのが雑誌コーナー。

雑誌は表紙を見せるように置かれるから、その場が華やかだし、旬の話題が一目でわかる。

そんななか、ひとつ残念なニュースがありました。

季刊誌『考える人』(新潮社)の休刊です。

『考える人』は創刊当時からよく買っていました。

企画の内容が私の趣味とよく合っていたのです。

本棚がいっぱいになり、売ってしまったのもあるけれど、今でも大切にしている巻は次の3冊。


・フィンランドの森、デンマークの暮らし(2004年)
・海外の長編小説ベスト100(2008年)
・村上春樹ロングインタビュー(2010年)


雑誌は読み捨てが多いのですが、『考える人』はずっと手元に残しておきたい魅力を持っています。

ときどき本棚から取り出して読みますが、今でも楽しめるし、内容がちっとも古びていない。

こんな素敵な雑誌を作り続けて下さった編集部の方々と執筆者の方々にはとても感謝です。

(ちなみにウェブ版は継続とのことです)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バーベラとキモノケイトウ | トップ | 歌川広重の生誕220年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。