学芸員のちょっと?した日記

美術館学芸員の本当に他愛もない日記・・・だったのですが、今は自分の趣味をなんでも書いています

専門の外の世界へ

2017-07-29 19:05:05 | その他
博物館、美術館の学芸員は、それぞれ得意としている分野、つまり自分が研究している専門分野を持っています。基本的に、学芸員(と限定せずに研究者全般ですね)はその分野に関する研究成果を、展覧会、カタログ、紀要、学会などで発表し、実績を積み重ねていくことになります。ですから、あの分野の研究に関しては誰それに聞くのが一番、というのがあって、実際にそういう人の書く文章はとても深い考察が加えられていて、内容も面白いことが多々有り。

先日、とある研究会へ出席してきました。そこで講師として壇上に立った方の言葉が印象に残りました。

「ある事象を研究しようと思ったら、一方向からの視点では物事の見方を誤る可能性がある。自分の専門分野から出て行って、他の分野のことをしっかりと勉強し、複合的な視点で研究にあたらなくてはいけない。もちろん、他の分野へ出て行くことは、場合によっては赤っ恥をかくこともある。が、それを恐れていてはだめだ。他の分野へ出ていくことは自分の視点を広げるだけでなく、新しい人脈をつくることでもある。それが、私の学問に対する取り組み方だ。」

自分の専門外へ出ていくこと。そういえば、作家の丸谷才一さんも著書『思考のレッスン』のなかで、自分の専門分野(ホームグラウンド)を持ちつつ、他の分野へどんどん出ていくことを勧めていました。

実際、その方の研究発表は、言葉を実証するかのように、ある事象に対して色々な分野からのアプローチを試みたもので、大変面白いものでした。自分の専門分野から出ていく、ということはなかなか難しいこととは思うのですが、今後の私の研究態度のひとつの指標となるような、得難い経験をさせていただきました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊達政宗の生誕450年 | トップ | バッティングセンターで思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。