学芸員のちょっと?した日記

美術館学芸員の本当に他愛もない日記・・・だったのですが、今は自分の趣味をなんでも書いています

映画「めがね」を見る

2017-05-16 19:41:24 | その他
このあいだ、忙しい日常から少しでも距離を置きたくて、DVDを借りて見ました。小林聡美さん主演の映画「めがね」(2007年)です。

小林さん演じる主人公が、私と同じように(おそらく)日常から離れたくて、とある島を訪れます。そこは携帯電話もほとんど通じないところ。ある宿に滞在し、都会の生活とは異なる時間の経過にとまどいながらも、主人公はしだいに「たそがれ」を味わうようになるのでした。

山という山もなく、谷という谷もなく、ただただ淡々と進んでいくストーリー。主人公は映像の中で「たそがれ」どきを味わいましたが、映画を見る私たちもそうした映像の経過に「たそがれ」を感じます。

かつて、私は南の島に旅行へ行ったことがありました。そこでは、いつまで泳いでいてもいいし、日差しをあびて昼寝をしていてもいいし、小腹が空いたら軽食を食べてもいい。とにかく自由で、時間という縛りから解放され、しだいに活力が体にみなぎるのを感じました。映画の主人公も、そんな気持ちになったのかもしれません。

映画が終わった後、久しぶりに小林聡美さんの「かもめ食堂」(2016年)も見たくなりました。今度、借りてきて見てみよう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふたたび活字の海へ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。