広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本動物高度医療センター

2010-12-25 | 日記
こんにちは

これから書くことは決して楽しい話題ではないので迷いましたが 愛犬家の皆様のなにかの参考になるかもしれないので アップすることにしました。(長文です)

我が家の殿様ゴールデン ダイオー君は今年10月に7歳になりました。

ゴールデンなど大型犬は7~8歳くらいのところに一つの壁のようなものがあるため 6歳になった昨年から 年に一度かかりつけ病院で「ドッグドック」を受けさせるようにしました。

今年10月のドックの際 胃の近くになにかもやっとした影がある とのこと!
一ヵ月後に再度レントゲンをとり 念のため今月「腫瘍マーカー」検査を受けました。

結果は先週出て「陽性」。。。

悪性か良性かは不明だが なんらかの腫瘍があるのではないか ということで なるべく早く開腹手術をしましょう と年末に手術の予約をしました。

しかし ある方から「腫瘍であれば 専門医のいる『日本動物高度医療センター』で一度診てもらったほうがよいのではないか」とのアドバイスをいただきました。

そこで かかりつけ動物病院から紹介状を書いてもらい 二子玉川にある同センターをたずねました。

当初 CTスキャンは予約が一杯でその日はできないと言われていましたが キャンセルがでたとのことで 急遽お願いすることにしました。
犬の場合は CTは全身麻酔を行うので リスクもありますし 時間もかかります。
10時過ぎから検査を始めて 説明を受けるために呼ばれたのは 3時半過ぎ。

結論からいうと 「腫瘍らしきものは見当たらず 手術の必要はなし」
もやっとした影は脾臓が写りこんだのだろうとのことでした。
では なぜ腫瘍マーカーが陽性だったのか 尋ねてみたところ 動物の腫瘍マーカーは人間用のものほど精度が高くないため 陽性だから腫瘍があるとはかぎらないそうです。

結果的にはよかったのですが この間の心労はかなりのものでした。
もちろん かかりつけ医を責める気はありません。「開いてみたら何もなかったということもありうる」と説明してくれていましたし 終始対応は誠実でした。

それにしても日本動物高度医療センターは なかなか素晴らしい設備と人材を擁する施設です。
今回も 費用はかなりかかりましたが 犬の体にとって大変な負担になる開腹手術を回避できたことに感謝あるのみです。
判断に迷うような事態になったときには 受診を検討する価値はあると思いました。
でも 我が家からは車で1~2時間ですが 遠方の方にとっては敷居が高いですね。
こういう施設が どんどん増えてほしいものです。


(待合室でのダイオー)

費用のことなど 個別のご質問がありましたら 右のメッセージボックスからどうぞ!

ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | ペット保険のこと »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかった・・ (micchi-mama)
2010-12-26 12:28:18
ダイ君 本当に良かったですね。

そして とても為になる情報ありがとうございます。我が家のハートも7歳、先日脇の下に グリグリしたものを発見し、穿刺検査で良性だと分かりホッとしたところです。でも、これから、健康のことをもっと考えなきゃいけないなぁ・・と。 心構えはしっかり持っておかないと、なにかあった時に、慌ててしまいますものね。
「備えあれば憂いなし」コツコツ 貯金も始めようと思います。


Re:よかった・・ (hoyashi)
2010-12-26 19:57:54
micchi-mamaさん

ありがとうございます!

ハートちゃんのグリグリも良性でなによりでした♪

今回のことがあってから、我家もペット保険がいいか、貯金がいいか、いろいろ考えているところです。
保険でも、今回のような「治療を伴わない検査は対象外」とするものもあるようだし、対象になっても上限額が低いとか、いろいろあるようなので、慎重に検討する必要がありそうです^^;

ハートちゃんの足も早くよくなりますように
Unknown (デキバディママ)
2010-12-29 17:51:10
ダイくん、無事で何よりでした!
hoyashiさん、結果が出るまでかなりハードな思いをされましたね。
ホッとして力が抜けて涙がじわーっと・・・ではなかったでしょうか~。

でも、高度医療センターに行けてよかったですよね!!
え~と、あとは
麻布大学と日大獣医学部もよいですよ~。
紹介状を書いてもらえれば受け付けてくれます。

デキも腫瘍がたくさんあります。
デキパパが人間のドクターなので、時々、触診してもらいます。
たまに、ごくごくたま~に獣医さんでも腫瘍を見ていただきますが、
やはり触診で問題なしです。
人間も獣医さんも経験が豊富だと良性と悪性の腫瘍の違いを触診で診断できるんです。
私はパパに触診の仕方を教えてもらい、デキの腫瘍もチェックしています。
なので我が家に来た時よりも大きく腫瘍が育ちましたが、
針細胞診もせず、至って問題なくの状態を保っています。

ペット保険、バディはすぐに入りました。
お守りと思っています。
デキは盲導犬協会の医療補助があるので安心です。
保険と貯金、どっちもですよね。
高齢になって心臓など慢性的な疾患があると大変な負担になります。
保険も半分しか出なかったりなので、やっぱり貯金も必須です。
そのかわり、耳がひどく汚れたとか、そういうのも外耳炎扱いで半額負担になったりします。
上手に使うとよいですよ~。
デキの3ヶ月分の医療費立て替えているのですが(精算月が決まっているので)
今回は16万越えました~。
友人のゴルちゃんは毎月保険を使って8万かかっていたそうです。
大型犬は体重で薬価が算出されるので、厳しいですよね(涙)。
Unknown (hoyashi)
2010-12-29 20:30:19
デキバディママさん
コメントありがとうございます!

今年は、身の回りで同年代の大型犬の不幸が多かったため、一時は絶望しかけていました。。。
今回はいろいろとラッキーなことが重なって開腹前に事なきを得て本当に幸いでした。

デキパパさん、お医者様ですか!
それは心強いですね!!!

デキスター君は3ヶ月で16万、お友達のゴル君は毎月8万ですか!
やっぱり、保険と貯金両方必須ですね。

高度医療センターで出会ったゴールデンは腋の下に肉腫ができたため手術して退院するところでしたが、費用(検査+手術+入院等)が70万円強かかったそうです(@_@;)
今、ペット保険会社から資料を取り寄せ中なので、正月休みはペット保険の比較検討になりそうです(笑)

ペット保険 (デキバディママ)
2010-12-30 23:45:41
そうそう、バディの保険、初年度に入ったのが
かかりつけ医で取り扱っていない保険会社だったので
いちいち請求するのが面倒で使わずに過ごしました。
次年度は迷わず取り扱っている保険に!
獣医さんのところで支払うときから半額になるので
とってもラクでした~~~。
保険証カードを提示するだけという手軽さで助かります。
以前は保険で7割カバーできていたのが、
この頃は5割というところが多いみたいです。
何かあった時に費用を聞いて諦めるなんて辛すぎるし
できるだけ保険でまかなえるようにと思います。
ご近所のゴルさん、ラブさんは、やはり高齢になって持病が悪化したり、
健康だった子でも脳に麻痺症状が出てしまったり、
本当に相当な医療費がかかっていました。
ほんの少しのことでも全麻したらウン十万だし、
電車にはねられたラブさんは数百万かかったそうです。
気絶ものですよね。
だから保険と貯金、どっちもですね。
さすがに大型犬はすごいです。
Unknown (hoyashi)
2010-12-31 12:10:36
デキバディママさん
情報をありがとうございます!

保険証カードで半額になるのは便利ですね♪
できれば7割くらいは保険でカバーできると安心だけど、適用除外とかが多いと結局使えないし、なかなか難しい。。。

今はペット保険の比較サイトとかもあるし、比較的大手と思われるペット保険も数社あるみたいなので、使い勝手とか限度額とか適用除外費用とかを総合的に考えたいと思います^^;

電車にはねられて数百万ですか!!!
金額も凄いけど、電車にはねられたっていうのが恐ろしすぎです。
そこまでいくと、いくら保険掛けてても追いつきませんしね・・・

心配しすぎても仕方ないけど、気をつけます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。