広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盲導犬アトム号の真実

2012-05-19 | 盲導犬アトム
九州盲導犬協会の現役盲導犬「アトム号」が行方不明になってから、4ヶ月が経過しようとしています。
虐待疑惑を告発した団体による自己防衛的な署名活動に、盲導犬そのものに否定的な人たちも便乗して、アトムの所在を探ることがなおざりにされているようにも感じます。


ぜひ、こちらのHPをご覧になってみてください → 盲導犬アトム号の真実


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペット保険のこと

2011-01-22 | 日記
前回書いた昨年末のできごとのあと、すぐにペット保険数社から資料を取り寄せ、比較検討を行いました。
家族の一員である飼い犬が病気になったときに、費用が高額すぎて治療をためらうようなことがあっては悲しいですから。

検討した主な項目は、①補償上限額、②対象費用の範囲、③掛け金、④請求のし易さ、⑤会社の信用度、などです。
金融商品にはつきものの「約款」を読みながらの作業で疲れました~(笑)

当然、完璧な保険はなく、一長一短です。
それぞれの飼い主が何に重点を置くか、総合的な判断になりますが、我が家の場合は、補償上限額を優先しました。
一回あたりの上限が10万~20万程度の保険が多いのですが、これでは重い怪我や病気の際の高度医療を受ける場合には十分とはいえないと思います。
うちが加入した保険はかかった費用の70%、年間70万まで補償されます。これだと一応、金額のはる高度医療にもある程度対応できるでしょう。(但し、治療を伴わない検査は対象外ということなので、昨年末の我が家の検査のような場合はおそらく適用外ですが仕方ありませんね^^;)

中には、高齢になると掛け金が極端に上がる保険や、更新できなくなるような保険もあり、注意が必要だと思いました。

一応、会社の信用度なども加味しました。個人がはじめたような会社よりは、バックに大手グループ会社などがあるほうが、破綻リスクが低いのではないかとか(笑)

残念ながら保険金の請求は、後から必要書類を送るタイプで、保険証を提示すると病院の窓口で割引してくれるタイプではないので面倒ですがやむを得ません。

いつまでも、健康で楽しく暮らしていきたいのは人間も動物もいっしょ。でも、万が一に備えておくのも重要と考えて加入しました。
もちろん、お世話にならないで済めばそれに越したことはありません。



こんな元気な姿ができるだけ長く見られますように!!!



ではでは
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本動物高度医療センター

2010-12-25 | 日記
こんにちは

これから書くことは決して楽しい話題ではないので迷いましたが 愛犬家の皆様のなにかの参考になるかもしれないので アップすることにしました。(長文です)

我が家の殿様ゴールデン ダイオー君は今年10月に7歳になりました。

ゴールデンなど大型犬は7~8歳くらいのところに一つの壁のようなものがあるため 6歳になった昨年から 年に一度かかりつけ病院で「ドッグドック」を受けさせるようにしました。

今年10月のドックの際 胃の近くになにかもやっとした影がある とのこと!
一ヵ月後に再度レントゲンをとり 念のため今月「腫瘍マーカー」検査を受けました。

結果は先週出て「陽性」。。。

悪性か良性かは不明だが なんらかの腫瘍があるのではないか ということで なるべく早く開腹手術をしましょう と年末に手術の予約をしました。

しかし ある方から「腫瘍であれば 専門医のいる『日本動物高度医療センター』で一度診てもらったほうがよいのではないか」とのアドバイスをいただきました。

そこで かかりつけ動物病院から紹介状を書いてもらい 二子玉川にある同センターをたずねました。

当初 CTスキャンは予約が一杯でその日はできないと言われていましたが キャンセルがでたとのことで 急遽お願いすることにしました。
犬の場合は CTは全身麻酔を行うので リスクもありますし 時間もかかります。
10時過ぎから検査を始めて 説明を受けるために呼ばれたのは 3時半過ぎ。

結論からいうと 「腫瘍らしきものは見当たらず 手術の必要はなし」
もやっとした影は脾臓が写りこんだのだろうとのことでした。
では なぜ腫瘍マーカーが陽性だったのか 尋ねてみたところ 動物の腫瘍マーカーは人間用のものほど精度が高くないため 陽性だから腫瘍があるとはかぎらないそうです。

結果的にはよかったのですが この間の心労はかなりのものでした。
もちろん かかりつけ医を責める気はありません。「開いてみたら何もなかったということもありうる」と説明してくれていましたし 終始対応は誠実でした。

それにしても日本動物高度医療センターは なかなか素晴らしい設備と人材を擁する施設です。
今回も 費用はかなりかかりましたが 犬の体にとって大変な負担になる開腹手術を回避できたことに感謝あるのみです。
判断に迷うような事態になったときには 受診を検討する価値はあると思いました。
でも 我が家からは車で1~2時間ですが 遠方の方にとっては敷居が高いですね。
こういう施設が どんどん増えてほしいものです。


(待合室でのダイオー)

費用のことなど 個別のご質問がありましたら 右のメッセージボックスからどうぞ!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加