西東京市市議会議員 保谷清子のつれづれ日記

西東京市市議会議員の保谷清子です
ちからを合わせてみんなで豊かに暮らせる西東京市を創りましょう

「説明」は、行動を起こしてもらえてこそ

2017年05月05日 | 都議会議員選挙

今日は、こどもの日ですが、

連休の中で、どこにも出かけなくてもよい、

正真正銘の私の休日となりました。

朝から、読みたい本を読む、気楽な一日としました。

 

読み出したのは、先日買ってきた、

「マンガでわかる!かならず伝わる説明の技術」(鶴野充茂氏 著)です。

「マンガ」というのがいいではないですか。

気軽に読めそうです。

「かならず伝わる」というのが、また、いいではないですか。

かならず、伝わって欲しいことは、いくつも、いくつも、ありますから。

 

内容はとてもいいです。

なるほど、なるほど、と納得しながら読みました。

この本の特徴は、

説明について、正確に相手に伝えたから、それでいいではなく、

正しく伝えたうえで、

聞いた人に、行動を起こしてもらえて、上手な説明になると説いていることです。

 

「仕事の多くは一人では完結しないもの。チームとなって、協力を得ながらすすめていく、その技術こそが『説明』なのです」(本文より)

 

ほんとうにそうですね。

とてもよく、理解できます。

 

いま、都議選の最中ですが、

都政を変える仕事は、

共産党だけでは、完結しない。

多くの有権者の皆さんと協力しながら進めていくものです。

そのためにも、上手な「説明」の力を身につけることが重要だと改めて感じました。

 

築地新市場の豊洲移転反対という共産党の政策をどのように、説明していけば、

有権者の皆さんが、我がこととして、選挙に立ち向かっていただけるかについて、

とても参考になります。

 

選挙勝利のためにお勧めの本です。

 

日本ブログ村ランキングに挑戦します!
1日1回クリックして応援してください

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜吹雪とハンドマイク宣伝 | トップ | 保谷清子の野心のすすめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

都議会議員選挙」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL