西東京市市議会議員 保谷清子のつれづれ日記

西東京市市議会議員の保谷清子です
ちからを合わせてみんなで豊かに暮らせる西東京市を創りましょう

核兵器禁止条約が採択ー希望の夏に

2017年08月09日 | 日記

今日、8月9日は、72年前の今日、長崎に原爆が落とされた日です。

午前中は、市の財政をエクセルで、計算や表にできるようになろうという勉強会で、

議員団4人、教えてくれるOさんと一緒に田無庁舎にいました。

原爆が投下された午前11時2分には、

市の放送が流れ、1分間の黙祷をしました。

 

今年の夏は、原水爆の禁止・廃絶を願う人たちにとって、画期的な夏でした。

7月7日に、ニューヨークの国連会議で、「核兵器禁止条約」が採択されました。

長年の原水爆禁止運動が実を結び、人類史上初めて、核兵器を違法化する条約です。

被爆国・日本の政府が参加しなかったことは、失望と批判を招いていますが、

日本共産党代表団(団長・志位和夫委員長)が会議に出席し、

成功のために活動したことは、本当に誇らしいことです。

 

原水爆禁止条約の制定のために力を尽くした、今は亡き人のことが思い起こされます。

急性白血病で亡くなった、元赤旗記者で、日本原水爆被害者団体協議会で活躍した中西英治さん、

「核兵器禁止条約の交渉を開始することを求める署名運動」に全力で取り組み、昨年亡くなった、原水爆禁止西東京協議会の井上忠信さん、

「皆さんのおかげで、『核兵器禁止条約』が採択されたのよ」、と大きな声で教えてあげたい。

感謝の気持ちをいっぱい込めて。空に向かって。

 

日本政府が条約を批准するよう、声をあげていかなくては。

被爆国の首相でありながら、禁止条約に背を向ける最悪の首相を、首相の座から引きずりおろし、核兵器廃絶に力をつくす、最高の首相を誕生させなくては。

 

市民と野党の共同で政治を変え、核兵器を廃絶に追い込む「希望の夏」となりました。

 

日本ブログ村ランキングに挑戦します!
1日1回クリックして応援してください

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欽ちゃんの本ー「ダメなとき... | トップ | ブログへの写真掲載できまし... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一市民)
2017-10-08 19:02:39
偽善的な正義感だな。
似非平和主義なんか、へし折ってやる。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL