てのひらに太陽を

生涯、元気ハツラツOld Boy’s
70歳現役を目指し!
日々の気付きと思いと書き綴りたい
そんな気持ちのブログ

ガソリン代が180円だって!

2008年06月30日 23時05分15秒 | Weblog
今日はパソナに行く日
電車の中で老夫婦の会話(60代後半か)

「明日からガソリン代がの~180円じゃげな」
「えぇ!また上がるんね」
「ほうじゃげな、なんにもかんにも上がるのぉ
「車に乗るのを減らさんにゃあいけんね~~」
「少々不便でも歩いて、電車・バスにするかのぉ」

こんな会話だった、私はガソリン代は200円になると思っている
他の物価もまだまだ、上がる。

そして、サミットが終われば「環境税」とか
ナンデこんなことまでする必要があるのかという
生活様態の変更を促されるようになると思う
雰囲気作りが、一斉に始まる予感がする・・・
「エコ」という冠のもとでネ

経済には「変化」と「変態」があると
高橋亀吉さんが言われていたのを思い出す

今の状態は変化ではなく「変態」なのだろうと思う
様相が変わったのだ、これまでの延長線上の変化ではない

大胆な大ナタを振るう政治家が出現しないものか
こんなときにこそ、政治の力が必要になるのだが・・・

どうも緊迫感のない、「投機」のせいにしているけど
わたしは「投資」だと思っている
だから、物価は「高止まり」給料は「微増」

生活レベルを落とすことが、当面の我々のすることだろう
需要が増やせないのなら、供給を増やす

簡単な原理、新しい供給源の創出
もう、答えを持っている人はいるだろう
そして動いている人もいるだろうが
まだ、いまのところマスコミは騒ぐだけ

また新たな日本の誕生の年になる
そう私は思う

電車の中の会話を聞いて、こんなことを
つらつらと頭の中で連想

パソナに行ったが、「食」の自給のことを
話されていた、新しい供給源の大きな柱と思う

今日は、なんとなく偉そうなことを書いてしまった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妹、東京へ われ宝塚記念!

2008年06月29日 23時15分11秒 | Weblog
朝起き、朝食
瑣末な会話、笑い

さあ、宝塚記念だ
もう私のこころ行ってしまった

もうすこし、ゆっくり
兄弟の会話がしてみたかった

まあ、こんなもの

従姉妹が迎えに来た
ここにも車はあるのに

まあ、血縁は永続じゃもんと・・・

さあ、宝塚記念ダゼ
奥さんが、函館のレースを買う
もちろん私も

1490円が入っちゃった

調子に乗ったのがいけない

宝塚は平生買わない馬券を
3千えん以上勝ってしまった ねエ~・・・

これで負けちゃったけど

12Rで少し盛り返し
ああ、よかった
結局、土日で700円の勝ち

少ないけど、負けない自分に少し
拍手でも色気をなくさないとナア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと待った妹

2008年06月28日 23時57分24秒 | Weblog
待って待って
今週は私の部屋もきれいにしたし

今日かと思い待っていたが
・・・・

いろいろ用意もしていたが

来たのは21:00
私はもう~~~

ひさびさに来る妹には
やりたいことがたくさんあるのだろうが

待っている、用意している
なんだか、ペンションのオヤジみたい

話する気力がなくなってしまった

また、明日も同じこと

GOWEN WITHE THA WIND

まあ、わたしの父母も同じこと思っていたのかと
自分のことを思い返す

チョッとショックな日じゃった

きょう、友達に電話したら
電話の内容は、短波放送のラジオを買いに行く話し

競馬に行くには、今日はあまりにも

そんな話をしていたら、短波ラジオを持ってきてくれた
なんで、すぐに
友達じゃね

今日は、2000円の儲け

友達のおかげ
明日は、ジャンプにしよう 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日で3日間、家にいた

2008年06月27日 21時40分02秒 | Weblog
だいぶ部屋がきれいになった
よしよし、今日はハローワークに行くつもり
だったがもう少しで終わる「菜根譚講話」の本が
目に映った・・・

これだけは読み終えて外に出ようと思い
読み始めていたが、読み終えた後に
他の本に手を取ってしまった

マーフィー著の「易」の本
これを読み出すと出れないなあと思いつつ
読み始めてしまった

潜在意識を顕在化させるのが「易」という
ふむふむ、と思いつつ
同じ卦のところを他の本と比べて読み始めてしまった

比べてみると、あっている部分が多いが
表現が違っている
分かりやすいのは、今日のところマーフィーの方だった

渋沢栄一さんの「処世の大道」を読み始めた
少し読んでいると、疲れたので本棚を見ると
「論語と算盤」が目に入った

以前、途中で読むのを辞めた本だったが
次はこれを読もう

図書館で読むほうが集中できると思ったが
家でも結構集中できる

前に比べると、テレビをほとんど
見なくなったせいだろうと思う
新聞のテレビ欄の内容を見ると
同じことの報道内容になっている

これじゃあ~
見てもしょうがない

夕方のニュースを見たが
値上げの事に憤っている

この人たちは、本当にマスコミの中にいる
資質があるのだろうかと、あきれてしまう

もう経済は変わってしまったということを
一過性のものだと思っているらしい

困ったというより、レベルが低すぎるよな
いつもかつも、大騒ぎ・ヒステリックで扇情的
人を煽っておいて、次のニュースにいって
また、同じことの繰り返し

情けないなあ~~

明日は、市内に出てみよう
競馬もあるし、人ごみもいいかも

妹は何時頃来るのかな~
何か月ぶりだろう

楽しみじゃね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一歩も外に出なかった

2008年06月26日 21時47分02秒 | Weblog
部屋の掃除をと思い
起きて、ごそごそと自分の部屋の
整理整頓、やりはじめると
捨てていいものやらと思いながら

なかなか進まないのだなあ~
ハローワーク関係の資料がたくさんあった
これはすぐ捨てた

だいぶきれいになったところで
いつも寝る前に読んでいる「処世の大道」
渋沢栄一さんの本で、1000ページあるが
毎日チョッとづつ読んでいると
450ページまで進んでいる

毎日チョッとしかと思っていたのだが
半分近くになっている

寝る前に読んでいる本がもう一冊ある
ヒルティ著「眠らねぬ夜のためにⅡ」
これを読むためには、「旧約新約聖書」を
共にして聖書も読む必要がある

私は、聖書を自分で読むことなどないと思っていたが
ヒルティ先生は、「聖書」からの引用が多いので
どうしても必要になる

わたしが「聖書」を読むなんて

昼間で渋沢さんの本を読んでいた
明治時代でも「論語」の教えは学者のもの
商売には関係ないという考えの人が多いと
嘆かれているのには驚いた

今と一緒じゃん、明治の頃は違うとばかり思っていたがねえ~

昼から、菜根譚講話を読んでいたら
不審な来客が3件

1件目は、アフリカ難民への寄付
高校生ポイ女性だった

変な感じがしたので断った
多分、背後に操る組織があって
回らされているのだろう

「石鹸」のセットだった
多分これを3千~5千円でということだろう
団地を回れば、5万くらいになるかもね

あとは、新興のキリスト教
そしてもう一つは、床下の空調

変な来訪者、引っかかる人はいるんだろうなあ

テレビのニュースを見ると、またまた「偽」
肉の偽装・うなぎの偽装

やっていけないことは、いけない
という考え方が子供のころに教えられていれば
こんな事にはならないのだが・・・

渋沢栄一さんの嘆息がわかる

北朝鮮はテロ国家から解除されるそうだ
これから、拉致問題はどう展開するのだろう

なし崩しにならぬことを祈るのみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、家で読書

2008年06月25日 22時00分13秒 | Weblog
朝から、図書館へ行くつもりだったが
昼から町内会のカラオケがあったので
家で本を読む事にした

「菜根譚」の後集を読む事にした
前集が225条、後集が134条で構成されている

前集は修身処世、後集は隠静閑居の楽

私はこれまで、後集は読んだことがなかったが
今朝読んでみると、こころに印する文章がある
白文を読みながら、読み下し文を読み
解説を読む

白文は、サスガにつらい
ただ、骨は折れるが読み終わってみれば
気持ちのいい読後感だった

80条まで読んでいた
時間になったので、集会所に行ったら
時間の前だったが皆さん集まっていた

よく毎週集まってこられるなと感心する
わたしは大分疲れたが
皆さん、楽しみにされている

そうこうしていると、女性の方が
見学と称して乗り込み

来週からどうなるのだろう

家に帰って、私の部屋の整理をした
部屋がきれいになると、気持ちがいい

また、明日片づけをしよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海軍さんの町「呉」に行ってきた

2008年06月24日 21時31分03秒 | Weblog
前の会社の知り合いの方が
「ますやみそ」におられるので
挨拶方々、昼飯をということで行ってきた

インターネットで調べると
五日市からJRで1時間6分
な~んだ!近いじゃん

11:30のアポだったのでと思いつつ
着いたら10:30だった

交番があったので道を聞くと
駅からまっすぐで10分あれば余裕とのこと
若いお巡りさん、笑顔が微笑ましかった

時間があるので喫茶店を探したら、ない~
そごうがあったのでこの周りにはあると思っていたら
1軒あった、なんだかな~という店だったが
まあいいか

想像通り、おじいさん・おばあさんの大きな会話
アレレ・・・
そう思っていたら、店の人も孫の会話
「じゃけんね~いまごろの子はのぉ・・
 ほいじゃが、うちの孫はええんよ
孫自慢

ハイハイ!1時間くらいはと思ったが
チョッとねえ~30分で出てしまった

戦艦大和のミュージアムが人気があるようで
駅前は以前より活気付いているような感じがした

時間が来たので、行ってみたが
礼儀正しい社員の応対に戸惑うほどだった
よく教育がされている会社です

何年ぶりだろう、6年ぶりかな
以前と変わらぬ若々しさ、65歳といわれるけど
変わらない、前と同じだった

味噌業界の話を聞いたが、大豆の高騰!
やはり、原産品は高騰ではなく
これからはこれが、前提与件だなあと思った

昼ごはんをご馳走になり、いろいろ話を
交わしながら、これもご縁の賜物
私の就職のことも、探してもらったみたいだが
「ないで!」とのこと

呉の優秀な高校のOBなので、会合が
結構あるそうで、いまを満喫されている様子だった

午後、また来客があるとのこと
早めにご挨拶、また~~~

この町を七つボタン「桜に錨」の制服を来た
海軍さんが闊歩していたのかと思うと
母が、「陸より海軍さんよ!」と言っていた
言葉を思い出した、広島市内で見る
海軍さんは若い女性の羨望の的だったと
母は少女のような顔をして言っていたなあ

家に帰ると、妹が土曜日に来るという
何ヶ月ぶりじゃろ
まあ、母親の顔を見て安心してほしい

ずいぶん忙しそうだが、体を壊さなければいいのだが
責任感・責任感の一途感だから、しょうがないか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文の京こども論語塾「三年の歩み」

2008年06月23日 22時15分07秒 | Weblog
毎月第二土曜日
あさ10時30分から11時30分
東京文京区の伝通院で「論語の素読」

子供の声が響き渡る空間
その父親、お婆さん、そしてわれわれ

溝本先生の柔和な笑顔と声で始まる
それが今では4年目になっている

3年間のまとめで「みんなの声」の本
わたしも、参加させてもらったが
数えると46名

こどもも皆さんそれぞれの想いでの
文章になっている、読み返すうちに
それぞれの人の顔を思い出す

いい本、これって販売すれば
全国に待っている人がたくさんいると思う

さつきちゃんのおかげで
ホームページが面白くなってきた

そのせいか件数が、えっと言うほど増えている

「CHANGE]を見たけど
なにか、変わった気がする

ペンの変更があったような気がする
あまりにも政界に影響を与えそうな展開だったから
しょうがないかもね~、あとは娯楽番組の格好いい結末

そうなるだろうな~
せっかく気持ちのいい番組だったがネ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はバタンキュウ~

2008年06月22日 12時47分42秒 | Weblog
8時台に横になって
競馬新聞を見ていたまでは覚えている
電気を点けたまま

この前行った「雑草庵」はいい店だった
テレビの取材があったばかりだそうだ

おばさんが多い、こういう店はおいしくて
値段もリーゾナブルという「主婦の厳しい目」に
かなったお店なのだろう

刺身もおいしかったが、こいわしが解禁
これがおいしかった

先輩と49歳の後輩と3名
ビックリしたことがあった

安岡先生の「木鶏」
「ワレ イマダ モッケイニ イタラズ」の
話をしたら、その後輩は知っていた
更に「複写ハガキ」も知っていた

嬉しいね

昨日は、ひさびさにさつきちゃんから
電話があった、元気そうな弾んだ声

もと、さつきちゃんに作ってもらっていた
「白髪の天使の住む森」のホームページをリンク
今朝起きてみると、リンクされていた

さつきちゃんの親戚で90代の方がいらっしゃるそう
このおばあさんに、ホームページを作ってあげて
そこに毎日何かを入れる

そして、私のホームページにリンクを張る
そうすれば、小貫さん・稲葉さん・私+90代の
ホームページが同居する

なんだか思っただけでワクワクする
楽しそうな世界になりますよ

これは

さあ、これから競馬が始まる
昨日は、200円儲けた

さて今日はどうなることだろう~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまは午前2時20分

2008年06月21日 02時27分00秒 | Weblog
こんな時間なのに
あんまり酔っていないんだね~

先輩からの電話で、家に帰っている途中
ハイ、分かりました

これがいいのでしょう

また市内に出ました

やはり、楽しい~~

でも、もうおやすみなさい

もう一本
今日の余韻を思いながら
飲んで寝ます
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加