宇宙の秩序に調和しながらの煩悩達成日記

自己実現。そうです、願望実現を通して、自己をさらに深く知ってみようという実験の日記ざます!

粛々と大成功!

2016-10-18 15:09:02 | 瞑想にまつわる能書き
先日、富豪様より、「日曜のディナー、南アフリカからのお客様をディナーに
招待しよーと思ってるんですが。」と打診があった。断るわけがないわけで、もちろん、OK。
メニュは何にしましょうか?と一応、聞いてみる。
富豪様は、煩雑に出張する。出張先でどうしてるのかは存じ上げないが、ココに居る分には
殆ど外食しない。まっすぐ家に戻ってくるのである。
ので、あまりメニュなんかに詳しくないよーな気がするが、一応、聞くだけ聞いてみた。

富豪様は、「何作りたい?」と聞いてきたので、「寿司を作れ」とか言われると大変厄介なので、
咄嗟に、「ステーキ!南アの方々は、肉食を好まれます。」なんて、テキトーな事も付け加えた。
「ロブスターのサラダ、そしてメインがステーキ、なんてのはいかがでしょう?」と富豪様に
アドバイス。
富豪様は、静かにうなずき、「あ、スープは要らないよ。」と。 さようでございますか。

それは、木曜の夜のデキゴトであった。
私は木曜のディナーサービスの後、翌日、金曜日でお休みなので、ささっと富豪宅から逃亡し、
土曜の朝まで戻らない。
そんな理由で、土曜の朝までディナーのメニュは考えなかったのである。

そういえば、お買い物もしなくちゃ、だよね。
なんか、いつもは焦りまくりながら準備をするのだ。メニュはネットであちこち検索して決める。
私の場合、プレゼンテーション命なので、付け合わせが大切(爆)
どーすっかな、と思いながら、何も降りてこなかったんだよねえ。

とりあえず、当日、カリフールに出向いて、適当に野菜をゲット。
まだ、脳内に完成図ができていなかった。変だなー。

ディナーまで3時間。ま、ステーキは簡単だしな。おっといけねえ、ロブスター茹でないとね。
で、ロブスターを茹で始める。
そうそう、果物のデコレーション。毎回、これやってるんで、定番化してきた。
今回は、秋、をテーマにしてみたのですが。




てか、毎回、似たりよったり。
360度から、きれいに見えるように工夫しとります。



もちろん、ディナーが終わったら、普通に食べちゃいます。



おっかしいなあ。普通なら結構、パニックになってる時間なのに。
私は淡々と野菜を下ごしらえしていた。
まだ、完成図は脳内に完成していない。

でね。
結局、こんなのがスターター。


うずら鳥のハーブ・パン粉揚げ
根菜のビネグレット
グリーンサラダ添え







でも、手抜きして、なんとソース(鳥のから揚げの下に敷いてある)は、単に粒粒マスタードと
とんかつソース!(笑)すんません。手抜きでした。
食用の花なんか飾っちゃって。
よくよく見れば、大したごちそうは入ってません。ビジュアルに訴えてみたのです。


そしてセカンドコース。

ハーブ湯で茹でたロブスター、レモンバターソース添え
ジロールマッシュルームのソテー





で、ござんす。この黄色いキノコはフランス産で、今が旬です。
ほんとは最初の皿に載せる予定だったけど、満杯になっちゃったのでセカンドに。
なかなか、いい感じにシンプルにまとまりましたな。


この、セカンドとメインの間に、お口直しのシャーベットを出します。
今回は、パッションフルーツとオレンジのシャーベット。
ミントの葉っぱなんかのっけて、シンプルでおしゃれどした。


で、メイン。
お高い食材屋で購入した、豪州産の和牛(そういう名前だが、本物の和牛とは比較できない代物)
この都市で、一番、お高いお肉ざます。そのテンダーロイン。クラッシュしただけのコショウを
たっぷり載せて、ソースはバルサミコ酢とラプスベリーのリダクション(煮詰めた)ソース。
私流は、ここに「ゆず胡椒」を投入。ソースが格段に引き締まります。
付け合わせは
トマト
アスパラ
マッシュポテト
レンテルと野菜の煮たやつ

でございます。






スターター、セカンドとも軽めなので、ここでガッツリ、というシナリオです。


私はキッチンで調理に専念しているので、ダイニングのお客の反応はわかりません。
唯一、下がってきたお皿を覗いて、反応を確認します。
今回も(!)お皿はどれも綺麗にかたずいてました。美味しい、ってことですか。


そして、デザートは、富豪のリクエストで、今回も
梨のコンポート、アイスクリーム添え

でござんす。





そして、コーヒー、紅茶でおしまい。


まあ、戻ってきたお皿がキレイに片付いてたんで、おそらく、好評だろうとは思っていたけど。
翌朝、朝食のテーブルで富豪に
「昨夜のディナーはいかがでしたでしょうか?」と聞くと、「エクセレント。やっと私達は成し遂げました。」
ちゅうようなことを言っていた。


その後、スタッフからディナーの席に富豪の長兄も同席していたと聞く。
むむむむむ。。。。。
長兄は、その辺に住んでいて、富豪の同族会社のCEOである。静かな富豪と違って勢いのいい人。
私としては、こういうイベントは1か月に1回で十分(笑)
しかし、今回の接待で長兄は必ずや驚いたと思うのだが、それを機に、接待をバンバン私に持ってこられたら。。。
ちょっとイヤかもー(笑)
一人で全部作るし、買い物もするんで、大変なんです。



今回、なんかパニックにもならず、淡々と進行した。
私的に、今までで、一番、満足度が高いのでございます。

まあ、今後も精進しなくちゃ、だわ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗とブドウ | トップ | 最近の掘り出しもの、掘り出... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む