お城、時には真田。

お城や真田ゆかりの地を訪ねる旅

諏訪、松本その1

2017年05月14日 | お城

2016年9月に長野県の諏訪と松本へ行きました。

長野駅から特急「しなの」に乗り換え、更に塩尻で中央本線に乗り換え下諏訪を目指します。
「しなの」が走る篠ノ井線は「日本三大車窓」で有名です。

やっと撮れたそれっぽい1枚。
姨捨駅でのスイッチバックも貴重な体験でした。

諏訪大社。下諏訪にあるのは下社秋宮、春宮です。

神楽殿

拝殿。
この奥に御神体の御神木があるそうです。
行けば見られたのだろうか?

ニ之御柱。全部で4本あります。
本物にしかない迫力!

宝物殿は信玄公が納めた太刀や、東郷平八郎直筆の旗等があって見応えがありました。
その後バスで上諏訪に移動。

諏訪湖です。この湖のどこかに御屋形様が・・・?
しかし天気が悪い・・・

諏訪湖間欠泉センターで見られる間欠泉。
本物の温泉です。

来るまで知らなかったのですが
「諏訪大社」は上諏訪の上社二社、下諏訪の下社二社の総称なんですね。
この日は時間がなくて秋宮しか行けませんでした。
1日で四社巡りは計画的に行かないと無理そうです。

その2へ続く

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の上田その2 | トップ | 諏訪、松本その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

お城」カテゴリの最新記事