お城、時には真田。

お城や真田ゆかりの地を訪ねる旅

甲府その2

2017年05月20日 | 真田旅

武田神社本殿。左の「人生はこれから!」がなんだかオモロイ。

奉納されてる大盃も武田菱入り。

上田とかもそうですが、街のあちこちに武田菱があって街全体の「武田愛」を感じます。

奥にひっそりとありました。真田幸隆や昌幸もここに来ていたんでしょうね。

 

それにしても宝物殿に孫子の旗と毘の旗が並んでいたのは感動しました!

毘の旗は妻女山に残されていた物だとか。

 

甲府駅に戻り甲府城をざっくりと見学。

甲府城は別名舞鶴城と言い、武田氏滅亡後甲斐の政治の拠点になりました。

復元された甲府城城門

舞鶴城公園にある天守台石垣。

予備知識なく行ったけど、迷路みたいに張り巡らされた石垣がお城らしくて楽しかったです。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲府その1 | トップ | 松代その1 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む