お菓子教室HOW LOVELYのてんてこまい日記

世田谷区大原のお菓子教室の元気いっぱいてんてこまいお菓子作り日記です。
楽しいレッスンのエッセンスを伝えます。

ハーブレッスン バラを楽しむ

2017年07月18日 | イベント

月からのレギュラーレッスンスタートです。資料をご希望の方はこちらからご連絡ください。

★夏休みはKIDS Lessonも準備しました。お菓子作りと造形を一度に経験できる Eat na Art 詳しくはこちら
 小学生向けです。

****************

7月2日は5月に体験したバラの蒸留抽出会を受けて、アトリエでバラの勉強会を実施しました。

5月はたくさんのダマスクローズの花びらをむしって蒸留抽出を体験しました。>>その模様はこちら

今回は、バラの花びら・蕾・実と様々な形状を味わい、その効用をしっかり学ぶ会です。

召し上がっていただくお菓子もバラがテーマ。

この時期に日焼け止めやお肌や髪をケアできるスプローズミストも作成し持ち帰りました。

バラは抗酸化作用が大きく、女性の老化を防ぎます。花びら・実・蕾でそれぞれ味わいが違い

皆さんじっくり楽しみます。

その後、ローズオイル・ローズゼラニウム・ローズフランキンセンスを各自好みの分量がアルコールに加えて

自分だけのローズミストを作ります。

私は西岡先生の作られたものをいただきましたが、毎日化粧水として顔に噴霧中。

バラの香りが朝晩パッと広がって、作用に関係なく気分が上がっています。

前回いただいたローズウォーターは髪に毎日スプレーしています。

そのせいか、今年は去年より猛暑に立ち向かっていけてる感じです。

バラのお菓子は3種類。なるべくバラをしっかり感じていただけるタイプ違いを準備しました。

当日はテーブルのお花もバラを準備しました。

1バラのコンフィチュール
 蒸留抽出会で使ったドラマティックという赤みの強い食用のバラをコンフィチュールにしました。
 分量が少なく、失敗ができないと緊張しましたが、とても好評でうれしかったです。
 花びらのえぐみは残るのですが、爽やかな甘みと甘美な香りが良い形でバランスがとれました。

 スプーンで提供して、そのままと紅茶に入れて と2種類の方法で楽しんでいただきました。
 紅茶に入れるとジャムがパッと開いて花びらがほぐれる感じが華やかです。味もえぐみが一気に無くなり、
 バラの華やかさだけ残ります。この感じがバラの名前そのまま、ドラマティックね と話し合いました。

 

2バラのブラマンジェ
 やさしいプルプルのブラマンジェ、アーモンドの味と香りが下支えになってバラが上にふわっとまとうように感じます。
 柔らかさと優しい味と香りがいい感じです。

 

3バラのヴィクトリアケーキ
 イギリスの定番ヴィクトリアケーキ、バタークリームと一緒にバラとフランボワーズのジャムを合わせてサンドしました。
 実はバラのジャムは、京成バラ園で参考のために購入した一般的なおみやげ品です。
 ここに手作りのフランボワーズジャムを加えることで一気にランクアップできました。

どのお菓子も手軽に作ることのできるものです。
ハーブレッスンのお菓子は都度新しく準備するものです。
ご好評いただきうれしいです。近い将来これらの作り方をレクチャーする機会を作りたいと思います。

また、ならん葉の西岡先生をお迎えするハーブレッスンはまた季節とテーマを変えて予定しています。
具体的になりましたら、この場でご案内いたします。お楽しみに。

お菓子教室HOW LOVELY http://www.how-lovely.net/

 
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グリーンカーテン 今年の実り | トップ | パイナップルのババロア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事