堅持し通す

不思議なのは、どこからか、一秒から、私は全身の痛みが突然消え。

できみにそのことをき

2017-04-18 10:36:26 | cellmax科妍美肌再生中心好唔好

「務めよ、ガリオン。わたしたちはみんなそれぞれ務めを持ってるわ――ひとつ以上持っている人もいる。ベルガラスは対決の行なわれる場所を見つけださなけりゃならないわ。ヴェルヴェッ韓式霧眉

はハラカンを殺さなくちゃならなかった。サディにだって務めがあったのよ。かれはナラダスを殺さなくちゃならなかったの。わたしにはなんの務めもないわ――死ぬことだけ」
 その時点でガリオンはセ・ネドラに言うことにした。「きみにもちゃんと務めがあったんだよ、セ・ネドラ。しかもきみはそれをとてもうまくやった」
「なんのこと?」
「おぼえてないだろうな。ぼくたちがケルを出発したあと、きみは何日かひどく眠たがっていた」
「ええ、それならおぼえてるわ」
「あれはきみが眠かったわけじゃないんだ。ザンドラマスがきみの意識に手を加えていたんだよ。あの女は前にも同じことをした。ラク・ハッガへ行く途中、気分が悪くなったのをおぼえてるか

い?」
「ええ」
「あれは種類がちがうが、やっぱりザンドラマスのせいだったんだ。あいつはもう一年以上にわたって、きみをあやつろうとしてきたんだよ」
 セ・ネドラはまじまじとガリオンを見つめた。
「とにかく、ぼくたちがケルを発ったあと、ザンドラマスはまんまときみの意識を眠らせることに成功した。きみはふらふらとさまよい歩いて森にはいり、アレルに会ったと思いこんだんだ」
「アレルですって? 彼女は死んだのよ」
「わかってる。しかしきみはそれでもアレルに会ったと思い、きみはアレルの姿をした女にぼくたちの赤ん坊のように見えるものを渡されたんだ。そのあと、アレルがきみにいくつか質問をし、

きみがそれに答えた」
「どんな質問窩輪報價?」
「ザンドラマスは対決が行なわれる予定の場所をつきとめなくてはならなかった。そして彼女はケルへ行くことができなかった。そこけるように、アレルのふりをしたんだ

。きみはザンドラマスにペリヴォーのことを話し、地図やコリムのことを話した。それがきみの務めだったのさ」
「あなたたちを裏切ったの?」セ・ネドラの顔がこわばった。
「そうじゃない。きみは宇宙を救ったんだ。ザンドラマスはしかるべきときに、どうしてもコリムにいなけりゃならないんだからな。だれかがあいつに行き先を教えなくちゃならなかったんだ。

それがきみの務めだったというわけだ」
「そのことはなにもおぼえていないわ」
「もちろんだよ。ポルおばさんがきみの意識からこの記憶を抹消したんだ。ちっとも悪くなんかない。たとえ起きたことをおぼえていたとしても、良心の呵責なんかおぼえることはないんだ」
「でもやっぱりあなたたちを裏切ったのよ」
「きみはやらなけりゃならないことをしたんだ、セ・ネドラ」ガリオンはちょっといたずらっぽく微笑した。「ねえ、このことについてはふたつの陣営が同じことをしようとしているんだよ。ぼ

くたち――それにもちろんザン辦公室屏風ドラマス――はコリムを見つけようとし、もうひとつの陣営にそれを発見させまいとした。そうすれば自分たちが不戦勝をおさめることができるからさ。でも、絶

対にそういうふうにはならなかった。対決はシラディスが選択をする前に、どうしても起

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立ちどまって窓をの | トップ | 公共博物館奥に隠 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。