堅持し通す

不思議なのは、どこからか、一秒から、私は全身の痛みが突然消え。

立ちどまって窓をの

2017-04-05 11:05:32 | cellmax科妍美肌再生中心好唔好

した。まくらの上ではトラチャンが、芝かり機みたいに、のどをゴロゴロならしています。ミルドレッドは、もう一年、ハードブルーム先生にかんとくさ優纖美容れれば、何かいいことがあるかもしれないと、思いこもうとしましたが、とてもむりでした。
 つぎの日の朝、ミルドレッドは、いつもよりはげしいベルの音で、びっくりしてとびおきました。ねむ気もすぐに、ふきとんでしまいました。火災警報がなっているのです。
 急いで制服を着たらしく、みだれた服装のモードが、ミルドレッドのへやのドアを、らんぼうに開いてさけびました。「急いで、ミル!」モードは、そのまま走っていきながら、「火災訓練よ! 早くして!」
「なにも、こんな時間にやらなくたっていいのに」ミルドレッドは、パジャマの上から、ジャンパースカートをかぶりながら、ぶつくさいいました。「それとも、ほんとの火事かしら?」
 モードは、ろうかを走っていってしまいましたが、ミルドレッドは、ぞいてみました。本当の火事かもしれないと思って。校庭には、ハードブルーム先生が、むらさき色のこいけむりにつつまれて立っていました。先生は、いつものように、腕を組んだまっすぐな姿勢で、けむりを見つめていましたが、まるで、周囲のものが目に入らないような、何かおかしなふんい気です。
「たいへん!」ミルドレッドは、考えました。「ショックで、動けないんだわ。助けてあげなくちゃ!」
 ミルドレッドは、洗面所にとんでいって、雨もりを受けていたバケツをつかみました。バケツには、もうすでに、よどんだ雨水が、半分ほどたまっていたので、ミルドレッドは、それに、ふちぎりぎりいっぱいまで、水をたしました。そして、もとの校庭に面した窓のところへもどるとちゅう、自分のへやに寄って、ほうきをとってきました。
 ミルドレッドは、もう一度、窓からのぞいてみました。見まち搬屋 がいだったら、いいなあと思いながら。でも、ハードブルーム先生は、前の場所から動いていませんし、けむりが、いよいよこくなっています。先生の姿もかくれてしまいそうでした。
「さあ、いこう!」担任の先生が、どんなによろこぶかと思うと、胸が高なりました。「もしかしたら、表彰されるかもしれないな」
 ふつうのときでさえ、ほうきに乗ってバランスをとるのは、むずかしいことなのです。まして、今のように、水がいっぱい入った、重いばけつを運ぼうとするのは、ほとんど不可能にちかいことでした。ミルドレッドは、けん命に考えて、バケツを、ほうきにつりさげて、運ぼうとしました。でも、それでは、飛びあがるときに、こぼれてしまうのは明らかでした。そこで、バケツをいったん窓のしきいに置くと、まず先にミルドレッドがほうきに乗り、それからバケツをひざの上にかかえました。こうすれば、いかにも安全そうに思えたので、ミルドレッドは、勇気をふるいおこして、ほうきに命じました。
「ほうきよ、下へ! 急いで!」
 ほうきは直ちに急降下に移りましたが、あんまりとつぜんだったので、ミルドレッドの腕からバケツがすっぽりぬけて、石のように落ちていってしまったではありませんか。ミルドレッドは、あわててあとを追いかけましたが、ああ、遅すぎました。よごれた冷たい水が、ハードブルーム先生に、ざぶりとかかり、頭からつま先まで、ずぶぬれにしてしまったのです。一瞬ののちに、今度はバケツが、先生の頭にかぶさりました。破滅のときを知らせるような、ガーンという音をたてて。しかし、さすがこのおっかない担任の先生は、あんな高楊婉儀幼稚園いところから、バケツがふってきたというのに、いささかもたじろぎませんでした。これは、先生の名誉のために、ぜひとも、お話しておかねばならないことでしょう。
 ミルドレッドの気持ちとしては、むりもないのですが、そのままくるりとむきをかえて、さっさと、にげだしてしまいたくなりました。でも、のがれるすべはありません。けむりが晴れてみると、全校の生徒のすくなくとも半分が、先生の前に列を組んで、集合しているのがわかりました。先生の頭には、バケツが、みごとにスッポリかぶさっています。
 一瞬ミルドレッドは、もしかして、これはハードブルーム先生の立像なのではない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 王冠がまた目の上に | トップ | できみにそのことをき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

cellmax科妍美肌再生中心好唔好」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。