ホワイトのお部屋

日本画を描く日々の悩みや喜び

清宮質文展

2017-07-17 10:57:47 | 日記


瀬戸内市立美術館で開催中の清宮質文展(せいみやなおぶみ展)を見に行きました。
恥ずかしながら不勉強で、清宮質文を知りませんでした。
天神山文化プラザに置いてあったチラシの絵(上記ポスター・チラシに使われている作品)に、何故か魅かれるものがあって、ぜひ見に行きたいと思ったのです。

木版画、ガラス絵(1点だけ油絵)が中心で、小さな作品が並んだ展覧会でしたが、その小さな作品の奥に拡がる奥深い世界に、引き込まれてしまいました。すごいと思いました。色、にじみ、線、構図などはもちろんですが、そんなものをはるかに超えた、言葉に言い尽くせないものを感じました。



写真は、ポスターを撮ったので、歪んでしまいましたが、ご容赦を。

7月23日(日)までです。

にほんブログ村 美術ブログ 日本画へ -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログの書籍化「ホワイトの... | トップ | 第28回環展 搬入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む