ホワイトのお部屋

日本画を描く日々の悩みや喜び

お気に入り

2017-05-13 09:51:57 | 日記


私は、いったん気に入ると、同じものばかり着る傾向があります。それは、次に気に入ったものが現れるまで続きます。
今、普段着で気に入っていつも着ているのが、ジーンズ風のオーバーブラウスです(笑)
ピシッと決める装いは、私のガラにあわないので、どうしても動きやすいラフなものになりますね。

この2枚のブラウスに合わせて、つけているのが写真の木彫りのブローチです。(写真がまずくて、ブローチの良さがわからないのが残念)

右のは、クルミの木を使い、柿渋と蜜蝋で仕上げたもので、三男の妻からのプレゼントです。形はクチナシの花に似ています。

左のは、3月に家族で知多半島を旅行した時に、すごく気に入って買ったものです。
新実南吉記念館を見学している時、「でんでんむしのかなしみ」という絵本があり、三男の妻が、そのストーリーを説明してくれたのです。心を打たれた私は、絵本とともに買ってしまいました。

「かなしみは だれでも もって いるのだ。 わたしばかりでは ないのだ。 わたしは わたしの かなしみを こらえて いかなきゃ ならない」・・・このでんでんむしのことばは わたしのむねに 響きました。
    
つらいことや悲しいことがあると、このブローチを見てなぐさめられています。

にほんブログ村 美術ブログ 日本画へ -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日のプレゼント | トップ | こんな日があって また元気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む