ホワイエ~抱っこ法をもとにした活動~

ホワイエでは、抱っこ法の考え方をもとに、子育て中の親子やハンディを持つ方など、たくさんの方の心の支援を行っています。

気持ちの代弁

2017年06月02日 | 抱っこ法の話

親にとって、ちょっと困った状況になった時・・・

 

どう言ってこの場を切り抜けよう?

何と言えば、言うことを聞いてくれるかな?

選択肢を出して、選ばせたらいいんやったかな?

子どもの好きなおやつ、おもちゃを持っていたかな?

などなど、

色々なことが頭をよぎります

 

育児本でも

〇〇な時は「これを言う」などの例文もありますよね

 

でもその前に

一言でもいいので、

その子の気持ちを感じ、寄り添い

気持ちを代弁してあげてください

いやだったねー

悲しかったねー

腹が立ったねー

しんどかったねー

そんな言葉がけでOK

 

つい私も

この状況をいかに素早く穏便にすませるか

に思考が働きます

でも実際は

状況が余計に悪くなったり、

一見解決したように見えるけど、

子どもの中のモヤモヤは増幅してるだけで、

「何でここ」って所でドカーンと来たり・・・

 

もちろん、時と場所にもよります

公共の場で

ずっーと泣いたままってわけにもいかないですよね

 

以前のブログ(こちら)で子どもの気持ちを代弁することで、

最後に言った子どもの素敵な一言が紹介されています

よかったらご覧ください

 

解決策を考える前に

そう言えば「気持ちの代弁とか言ってたな~」

・・・てことも

思い出していただけたら嬉しく思います

 

the present writer  by ひろこ


 ホワイエホームページ 

  お問い合わせ 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「つながり」って? | トップ | 色々な「涙」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

抱っこ法の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。