Sweet Dreams☆

If you can dream it, you can do it.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近のニュース

2005年05月13日 | 時 事 - News
こいのぼり 5283匹掲揚でギネス認定 群馬・館林



群馬県館林市は12日、昨年掲揚した5283匹のこいのぼりが、ギネスブック(英国)で「世界一掲揚数記録」と認定されたと発表した。
 同市は02年から、市民から寄贈されたこいのぼりを市内の鶴生田(つるうだ)川などに掲揚し、観光客に楽しんでもらってきた。年々、掲揚数が増え、昨年12月に申請した。
 だが、申請項目がなく「ウインドソックス」(飛行場の風向き用吹き流し)としての認定。今年は5557匹で早くも記録更新。中島勝敬市長は「こうなったら1万匹を泳がせたい」。【中野秀喜】
(毎日新聞) - 5月13日10時28分更新

YAHOO



<尼崎脱線事故>読売新聞が「罵声記者会見」でおわび掲載

 読売新聞は13日、JR福知山線脱線事故のJR西日本の記者会見の席で、同社大阪本社の記者に不穏当・不適切な発言があり「明らかに記者のモラルを逸脱した」として、社会部長名でおわびを掲載した。読売新聞によると、記者は会見に出席したJR幹部に対し「あんたら、もうええわ、社長を呼んで」などと声を荒げ、感情的発言をしたとしている。
 会見は5月4日から5日未明にかけて、社員がボウリング大会や懇親会に参加していた経緯の説明がテーマだった。会見で罵声を浴びせる記者の姿が、テレビや週刊誌で取り上げられたため、苦情が寄せられたという。
 谷高志・大阪本社社会部長名で出された談話には「使命感や熱心さのあまりとはいえ、常に心がけるべき冷静さを欠いたと言わざるを得ません。日ごろの指導が生かされなかったことに恥じ入るばかりです」としている。
 “罵声記者会見”をめぐっては、テレビ、ラジオ、産経新聞などが取り上げていた。週刊新潮5月19日号は「『記者会見で罵声』を浴びせた『ヒゲの傲慢記者』の社名」として掲載し、読売新聞の記者と伝えていた。(デジタルメディア局) 
(毎日新聞) - 5月13日11時48分更新

YAHOO



<100万円ウイスキー>「山崎50年」が1日で完売 



 サントリーが11日午後から予約販売を始めた1本100万円で50本限定のシングルモルトウイスキー「山崎50年」が12日午前、“完売”した。申し込みは酒販店を通じて行われたため「最終的な購入者は分からない」(サントリー)というが、バーや飲食店、百貨店などが営業用に申し込んだケースがほとんどのようだ。
 「山崎50年」は700ミリリットルで、単純計算で1CCあたり1429円。ショットバーでのワンショットは通常30CCなので、原価だけで4万2870円ということになる。あまりのプレミアムぶりに、ショット販売するにしても、ハーフショット(15CC)や10CC程度で販売する店もありそうだ。
 サントリーからの出荷は6月下旬になる。同社は11日午後2時にホームページなどで予約開始を告知していたが、「1日で完売するとは思わなかった」(広報部)と驚いている。【古田信二】
(毎日新聞) - 5月12日22時10分更新

YAHOO



血液で発電する電池を開発、体内埋め込み医療具に利用

 東北大大学院工学研究科の西沢松彦教授らの研究グループは12日、血液に含まれる糖分で発電する燃料電池を開発したと発表した。

 実験では、血液を模した牛の血清(血液の成分)を使っての発電に成功。1円玉サイズの電極なら0・2ミリ・ワットに相当する。糖尿病患者が体内に埋め込んだまま血糖値を測定できる装置を作動させるには十分な発電量といい、医療機器メーカーなどと装置開発にも取り組むとしている。

 心臓ペースメーカーなど体内に埋め込む医療用具は、電池の寿命が近づくとその交換のために手術が必要なものもある。研究グループでは、「第一化学薬品」(本社・東京)との共同開発で、体内に埋め込んで半永久的に発電する燃料電池の開発を進めてきた。

 開発された燃料電池は、血液中の糖分であるグルコースを分解する酵素が塗られた炭素(電極)などを使用。酵素がグルコースを分解すると、電子が生じて電流が流れる仕組みだ。同研究グループは「発電量を増やし、体内埋め込み型の医療用具の電源などへの利用を目指したい」としている。
(読売新聞) - 5月13日0時24分更新

YAHOO



糖尿病、コーラに責任なし=「1日1リットル」の男性敗訴-ドイツ

 【フランクフルト12日時事】コーラの飲み過ぎによる糖尿病は自己責任-。ドイツのエッセン地裁は12日、糖尿病になったのはメーカーの責任として、飲料大手コカ・コーラに対し、5620ユーロ(約76万円)の慰謝料などを求めていた男性(48)の訴えを退ける判決を言い渡した。
 男性は、3年半以上にわたって1日1リットルのコーラと棒チョコ2本を飲食し続けた揚げ句、体重が100キロを超えた上、糖尿病と診断された。 
(時事通信) - 5月13日9時1分更新

YAHOO



時代は、"働く女"、"闘う女"を支持

オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】では、連続テレビドラマの期待度や満足度ランキングを調査しているが、今回は、春の連続テレビドラマの放送直後の満足度に関する調査を行い、結果をまとめた。その結果、この春の連続テレビドラマを放送する前に調査した"期待度"では4位だった『離婚弁護士2~ハンサムウーマン~』が、"満足度"でトップに躍り出た。ハンサムウーマンというサブタイトルの通り、天野祐希、瀬戸朝香というキャスティングは女性が憧れる女性像に上手くフィットしているのかもしれない。やはり、"期待度"5位→"満足度"4位へとランクアップした『anego~アネゴ~』同様、時代は"働く女""闘う女"を支持しているということなのだろう。それでも、同じターニング・ポイントにさしかかった女性を題材にしながら、恋愛要素が多少強めの『曲がり角の彼女』では、評価は若干低めという結果に。今の視聴者、とりわけ女性層が何を求めているのかが如実に表れたランキングと言えるのではないだろうか。3位の『恋におちたら』も含め、サクセスに向かって懸命に努力する姿が、"ヒーロー像"として映っているのかも。
 一方で、誰の目にも意外に映ったのが『エンジン』のランキングではないだろうか。初回放送分の視聴率が今期の連続ドラマの中で唯一25%を超えるなど、前評判に違わぬ滑り出しを見せていただけに、"期待度"2位→"満足度"9位という結果は様々な意味で興味深い。(4月28日~5月2日の間、中高生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人、計1000人にインターネット調査したもの)。
(オリコン) - 5月13日10時54分更新

YAHOO



6・8北朝鮮戦は第三国で無観客…FIFA厳罰下す

 【チューリヒ(スイス)29日】国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会が29日に当地で開かれ、6月8日に行われる06年ドイツW杯アジア最終予選B組の北朝鮮-日本(平壌)を、第三国に移して観客なしで開催することを決めた。これは北朝鮮-イラン(3月30日、平壌)でサポーターが暴徒化した北朝鮮への“厳罰”といえる。日本は16年ぶりの平壌でのアウエー戦が回避される一方、「無観客」という未知の試合に臨むことにもなる。

 北朝鮮に“厳罰”が下された。FIFA規律委員会は、北朝鮮の主催試合の運営に問題があったと判断し、6月8日の北朝鮮-日本の平壌開催をやめ、第三国開催でしかも観客も入れないという異例の裁定を下した。

 主に処分対象となったのは、平壌で開催された3月30日の同予選・北朝鮮-イラン。北朝鮮サポーターが試合中の主審の判定に対する不満から、ピッチ内にビンや座席などを投げ込むなど暴徒化した。

 日本サッカー協会の小倉副会長によると、アジアで第三国開催の制裁が下されたのは「おそらく初めて」という。欧州で定着している無観客試合も、アジアでは極めて珍しい。北朝鮮はホームで戦う有利さをはく奪されるうえ、観客なしで入場料収入も失う。さらに2万スイスフラン(約180万円)の罰金も科された。

 今後はFIFA、アジア・サッカー連盟(AFC)が開催国の選定に入る。中国は最近の反日問題などがあり、政治的な色合いがなくAFC本部のあるマレーシアなどを中心に協議されそうだ。

 ただ、北朝鮮は暴徒化の原因を「不公正な判定が導いた結果」としており反発も予想される。3日以内にFIFAに上訴できる。なお、北朝鮮は82年アジア大会(ニューデリー)のサッカーで、選手やピッチに乱入した役員、応援団が主審を殴打し、FIFAから2年間の出場停止処分を受けている。

 日本にとっては、16年ぶりの平壌でのアウエー戦、不慣れな人工芝スタジアムが回避された形。だが、その一方で「無観客」は未経験。ドイツ切符獲得が決まる可能性もある北朝鮮戦は、今までにないムードの中で行われることになる。
(サンケイスポーツ) - 4月30日8時3分更新

YAHOO





日本、逆転勝ちで4強入り
ビーチサッカーの第1回ワールドカップ(W杯)は12日、リオデジャネイロで準々決勝4試合を行い、日本はウルグアイに4-3で逆転勝ちし4強入りした。写真は4強入りを決め歓喜のラモス監督(左)ら日本チーム(AFP=時事)12時10分更新

YAHOO



味覚感度は若い女性が一番 佐賀大が800人調査

 甘味、塩味、酸味、苦味を認知する感度は4つすべてで女性が男性を上回り、年齢が若いほど感度が高いことが佐賀大の水沼俊美教授(栄養学)らの大規模な調査で13日までに分かった。
 水沼教授は「一番味覚の鋭い若い女性に人気のある店はおいしい店と思って間違いない。味覚に鈍感だと味付けが濃くなるので、健康によい薄味の調理をするには女性が有利」と話している。
 調査対象は、佐賀県に住む20-70代の男女815人。水沼教授らは、甘味はショ糖、塩味は塩化ナトリウム、酸味は酒石酸、苦味は塩酸キニーネを使い、それぞれ30段階の濃度で水溶液を作成。それぞれの味について水溶液に浸した小さな濾紙(ろし)を濃度が薄い方から順番に舌先に載せ、どの段階で味を認知できるかを調べた。
(共同通信) - 5月13日8時4分更新

YAHOO



2100万円で宇宙旅行、日本でも販売開始

 「夢の宇宙旅行は約2100万円」――。中堅旅行会社のクラブツーリズム(本社・東京)は12日、英ヴァージングループと提携して宇宙旅行の販売を同日から始めたと発表した。

 ヴァージングループが2008年に実施する宇宙旅行の日本での販売権を取得し、手始めに7人分を募集する。費用は1人20万ドルで、性別や年齢は問わない。搭乗前にアメリカで3日間程度の訓練を受ける。

 米カリフォルニア州の空港を飛び立ち、高度100キロの宇宙空間に約25分間滞在し地球に帰還する。宇宙空間では安全ベルトを外し、機内で4、5分間の無重力状態を体験する。全体の飛行時間は2時間30分~3時間を予定している。

 宇宙船は6人乗りで、米財団が2004年秋に実施した有人宇宙飛行レースで優勝した「スペースシップワン」の技術提供を受けて、ヴァージングループが開発する。2008年のスタート時は週1便、将来的に1日1便の運航を計画している。クラブツーリズムは希望者が多ければ、募集人数の拡大も検討するとしている。

 クラブツーリズムの宇宙旅行クラブに入会(入会金1000円)する必要がある。問い合わせはTEL03・5323・5566へ。
(読売新聞) - 5月12日21時20分更新

YAHOO



Google、Web表示高速化ツールの提供中止

 米Googleが先日β版を公開したばかりのWeb表示高速化ツール「Web Accelerator」の提供を中止した。

 このツールは5月6日にGoogle Labsでダウンロード提供が開始された。しかし米国時間の11日現在、Web Acceleratorのページにアクセスすると、ダウンロードボタンは表示されず、「ユーザーの容量が限界に達したため、現在、サポートできるユーザー数を増やすべく対応に努めています」とのメッセージが掲載されている。

 Googleの説明によれば、Web AcceleratorではGoogleの専用マシンを使ってユーザーのページリクエストを送信し、よく参照するページのコピーを保存して高速にアクセスできるようにする仕組み。容量の限界はこれを指すものと思われる。

 ただ、同ツールのディスカッショングループなどでは、ページのキャッシュをめぐりプライバシーなどのセキュリティ問題を懸念する声も出ていた。

YAHOO



ボーダフォン、地デジ対応の携帯を開発


見えているアンテナは通信用。地デジ用のアンテナは本体に内蔵されている 写真:ITmedia

ボーダフォンは、モバイル向けの地上デジタル放送(1セグメント放送)を受信できる端末の試作機を開発した。5月26日からNHK放送技術研究所で開催される、「技研公開2005」で展示する予定。

 801SHをベースに、シャープ、NHKと協力して開発した。コーデックはH.264/AVCに対応。BMLにも対応しており、データ放送を表示できる。画面は放送画面と、メールやWebなどを確認できる画面を分割表示できるという。

 サイズは50×101.5×28.8ミリで、重さは133グラム。テレビ映像の連続再生時間は、約2時間となる。発売時期や価格などは、いまのところは未定。

 ボーダフォンではこの試作機を利用し、放送と通信の融合サービスを検証していく予定。具体的には、番組の補完情報や付加情報を通信経由で提供したり、ユーザーがクイズ番組へ参加可能にしたり、アンケートを実施したりといった内容を検討している。

 同端末は、愛知県で開催中の「愛・地球博」グローバルハウスでも、6月1日から9月25日まで出展される予定。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/
(ITmediaモバイル) - 5月12日15時44分更新

YAHOO



ついに出発進行!「電車男」と「エルメス」がお披露目



日本最大の掲示板サイト、2ちゃんねるから生まれたアキバ系青年が主役のラブストーリー「電車男」。これまでに書籍化、コミック化、朗読劇化などが実現して来たが、その映画版が3月29日についにクランクイン。4月7日に、東京・調布の日活撮影所で記者懇親会が行われ、タイトルロールの電車男を演じる山田孝之、その最愛の人となるエルメス役の中谷美紀、村上正典監督が本作について語った。

 TVドラマなどで見せる爽やかな姿からかけ離れた、オタク姿に扮して現れた山田は、その感想を問われ「やっぱり最初は恥ずかしかったけれど、渋谷でロケをしてみたら意外と気持ちが良くて嬉しくなりました」と、照れ気味に語る一方で「オタクと言っても人それぞれ違うし、見た目でアキバ系の雰囲気は十分に出ているので、普通の1人の人として演じたい」と抱負を述べた。

 また、電車男本人が中谷美紀に似ていると主張していたエルメスを、本当に演じる事になった中谷は、原作に対する印象を問われ「最初は『藻前ら』『キボンヌ』など、意味の分からない言葉が沢山あったが、読んでいくうちにとてもチャーミングに思えて来た。見た目や既存の価値観に捕われずに電車男君の本質を見ているエルメスは素敵だなと思いました」と、作品世界に理解を見せていた。映画版「電車男」は6月4日公開。

東宝
(eiga.com) - 4月13日17時33分更新

関連サイト

YAHOO




YAHOO News
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TROY | トップ | 踏んだり蹴ったり »
最近の画像もっと見る

あわせて読む