ねこなんて大っ嫌い

ってずっと思ってたのに。
死にそうな子ねことの出会いが生きる力を与えてくれました。
バツ2でも結構幸せにやってます!

「息子へ」より抜粋 父親みたいな人 雑記-62

2017-02-22 05:55:55 | 雑記
お花の画像全てお借りしました。

本日の記事、少々文字が多うございます。
お時間の無い方は、お暇な時にご覧くださいませ~

アホみたいに前向きなバツ2のあたくしですが、ここに至るまでは、まぁ色々とございました。
本日は、第二夫のことを少し知って頂くために、息子が結婚する時に贐(はなむけ)の言葉として、私から息子へ贈った「息子へ」という文章の一部をご紹介したいと思います。

言葉遣いなどに、お見苦しい点があるかと存じますが、どうかご容赦頂き、最後までお付き合いくださいませ





パパと別れた後、
もう誰かを好きになるのも、
ましてや結婚なんて
真っ平ごめんだと思っていたのに、


「最悪、好きになんかなってもらえんでもいいです。
オレは〇〇さんのこと、大好きやから。
お願いやし、オレと結婚してください。」


と、少なく見積もっても
百回はお断りしたのに
しつこく付きまとってきた?
ストーカーの走りみたいだった? 笑
おまえたち二人を先に手懐けた知能犯の
そんな「お兄ちゃん」は
ついに私が粘り負けして
「お父さん」に昇格したんだよね。

(昇格とかー。自分を良いもののように言ってる自分が恥ずかし過ぎるー)



色々と問題はあったけど、
彼はとても良い人だった。(過去形なところが実に残念)



「オレ、二人の父親になるつもりはない。
だって、父親はただ一人、あの人やもん。
でも、ホンマの父親と一緒にいられへんのやから、
“父親みたいな人”になりたいと思う。努力します。」



その言葉通り、
いや、その言葉以上に
彼は努力してくれました。





年に数回、
夏休みや冬休みを利用して、
「ジュニアパイロット」で
おねえと二人して
パパに会いに行っていたよね。
いつも1週間くらい滞在したのかな。



小学4年生くらいの時だったと思う。
いつものように元気に帰ってきたと思っていたおまえは、
家に着くなり急にメソメソ泣き出した。



「しゅん(仮名)はパパと暮らしたいよー。
なんでパパと暮らしちゃいけないの?
パパのほうがいいんだよー。」



私が困った顔をしていると
すかさずおねえが口を挟んだ。




「おまえ、ばっかじゃないの?
パパは年に何回かしか会わないから
欲しいもの色々買ってくれてるだけだよ。
一緒に暮らしたらそんなこと絶対ないんだからね。

第一、おまえ、忘れちゃったの?
パパは今は優しいけど、おねえちゃんとおまえのこと、
捨てたんだからね。ばーーーーーか。
ママの気持ちも考えろ、バカ!」
(恐るべし小学生だよね、やっぱりおねえって)


お父さんはツアーコンダクターで
殆ど家にいることがなかったから、
その時もきっとそうだったんだと思う。




数日後、
突然パパから電話がありました。


「あの、ちょっと聞くんだけど、
修平(仮名)は〇〇くん(お父さん)とうまくいってないのか?」


「え?どういうこと?
うまくいってるけど・・・?」


「そうかな、何だか辛くあたられているとか・・・。
本当にそんなことはないのか?」




ピーンときましたよ。




あの野郎~~~!!!!
パパと暮らしたいばっかりに
下手な小芝居打ちやがったな~~~!!!!!
「それでさ、考えたんだけど、
なまじオレと会うからそういうことになってるんだったら、
〇〇くんの立場もあるだろうから、
もう会うのはやめた方がいいんじゃないか?」


「・・・・・・・・・。」






そして数日後、
お父さんが帰ってきました。
とてもよくしてくれているお父さんには
申し訳なくて言い辛かったけど、
その全部を話しました。
お父さんが何と言うか、
やはり意見を聞いてからでなければ、
結論は出せないと思ったから。


「なんで?
なんでなん?
その話、修平にしたん?
なんでホンマの父親やのに、会わへんなんて言わはんの?
オレの立場とかそんなん、
何にも関係あらへんやん。
絶対、修平に言うたらあかん。
ホンマの父親がそんなこと言うたなんて
そんな悲しいこと
あいつには絶対に言うたらんといて・・・・・・・。」
お父さんは、泣きながら
そう言ってくれました。


確かおまえが高校生くらいの時だったよね、
この話を聞かせたのは。


後年、
おまえは何度も言ってたね。
「お父さんってすごい人だよねー。
オレがお父さんの立場で
お父さんがオレにしてくれたこと、
できるかって聞かれたら、
間違いなく、できないもんなー。」って。






彼も、ギャンブルで借金さえ作らなきゃ、止めると何度も約束して本当に止めてさえいれば、今もきっと家族として幸せに暮らせてたんだと思うんですけどねー。こればかりは仕方ありません。

そんな第二夫は、数年に一度、孫の顔を見たいとやってきます。
えーーーー?血ぃ繋がってないんですけどーーーー!と
私は冷たく言い放ちますが
「なんでそんなん言うのん?二人はオレの孫やから」と聞く耳を持ちません。

3年ぶりに孫に会いに来たその様子は次回の記事で。


はてさて、どうなりますことやら
2つのボタンをぽちっとして頂けると、と~っても嬉しゅうございます



  
ポチ、ありがとうございました~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンちゃん この冬のマイブーム♪ | トップ | じーちゃまって呼ばれて 雑記-63 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小豆ママ)
2017-02-22 11:32:12
ふたりのお子さま 立派に成長されましたね..
ママの子育て ご苦労がたくさんありましたが
そんな母親の背中を見て育ったふたりのお子さま
お姉ちゃんは 自立してママを助けてくれ
息子さんは 温かい家庭を作り 守っている
安心ですね
ままの人生 波乱万丈ですが 生きがいのある人生だと思います

私の母親は 私が8歳の時に亡くなりましたので
その後 父の再婚の話は何度もありましたが
結局 再婚はせず 男でひとつで ふたりの子供を育て上げました
母は亡くなっているので 恋しい気持ちはありましたが
会えないので そのあたりの気持ちは
割り切っていました
でも ままのお子さまは 私とは違った立場なので
私とは全く別の感情だったのかなと
思ったりしました
でも 子供って親が思っている以上に
たくましいく成長していますので
きっとふたりのお子さまも うまく乗り切ってくれたのかな..と思います
うまく書けなくて すみません..
Unknown (まぐろ)
2017-02-22 14:19:30
我家の息子は お父さんは?という質問を子供のころにすると、死んだ! と言っていた私です。(生きてますけど)

生活が共にしたいというのは、子供心ですけど、大人には大人の事情があるのよね~~。
その子も成長すれば、理解できるからね。
こんにちは(^^♪ (菊乃)
2017-02-22 17:07:52
ポンままさん
波乱万丈な人生
映画が撮れそうですね
私だったら 波に飲み込まれて
木端微塵になってるかも
Unknown (おかっぱ)
2017-02-22 17:41:03
「息子へ」ほんとに、母であるままんの
迫力っていうのかな?心意気っていうのかな?
それが、ストレートに伝わってきて、
涙腺崩壊で拝読した事を、いまだ鮮明に
覚えてる。
で、やっぱ朝、この記事でも、再び、
ジーンときちゃったよね。
涙腺に訴えかける作品なのです。
第2夫さんも、心は、とびっきり
あったかい人ですよね。
そして、お孫さんにまで、
逢いにきてくれるなんて~、びっくり!
どんな再会になるんだろう~?
こんにちは。 (ひさへ)
2017-02-22 19:01:38
人との縁の奥深さを改めて、感じまてしまいました。
お兄ちゃんからお父さんに昇格したその彼、情のある人なのね。
おねえちゃんも弟クンもいろいろな感情を味わったのね。
いろいろな家族の形態があるということを学んだと思います。

ポンままさん、いいなー、素敵すぎるプロポーズの言葉!!大コーフンした!
いや~ん、アタシも言われたい!!
そしてアタシも100回断りたい!!
小豆ママさん♪ (ポンまま)
2017-02-22 22:14:55
ありがとうございますm(_ _)m
いやいや、年は取っても、子供というのは
親にとっていつまでも心配なもので
まだまだですf(^^;)
未だにお嫁ちゃんから息子への悩みごとの相談を受けて
四苦八苦しているのですよ。笑

そうでしたよね、小豆ママさんは小さな頃に
お母様を亡くされたのでしたね。
お父様は男手ひとつで育てられたんですね。
ご苦労、お察しいたします。
どんなに感謝してもしきれないですね。

ウチの場合は、結局親の責任で、子供たちには
しなくていい苦労をさせてしまったなぁと
申し訳なく思っています。
ママさんが仰る通り、逞しく成長するものだと
私も思いますが、出来れば苦労をさせないで済めば
それが一番いいんですものね。
いえいえ、お気持ち伝わってきます。
ありがとうございますm(_ _)m
でもまぁ、身体さえ元気であれば
何かあった時には、
みんなで助け合っていけばいいんですよね。
これからもがんばります!!
まぐろさん♪ (ポンまま)
2017-02-22 22:22:40
あははは~。
まぐろさんはそう言われてたんですね、息子さんに。
ウチの場合は、上が幼稚園の年長さんで
誤魔化しがきく年齢ではありませんでした(ToT)
そりゃそうですよねー。
お父さんお母さんと一緒に暮らしたいに決まってますよねー。
この年になれば、子供たちも事情を理解して
気持ちを汲んでくれるようになりましたが
小さい頃はやっぱりちょっと、辛かったですね(iдi)
菊乃さん♪ (ポンまま)
2017-02-22 22:26:27
実は平凡とか安定を一番望んでいる私が
気付けば激流に飲み込まれてるー(iдi)
第二夫との出会いもね、
ドラマになりそうなくらい偶然の連続で、
やっぱそういうのを運命って言うんでしょうかねー。
でも別れちゃったけどね(*≧艸≦)
笑とる場合ちゃうね。爆
おかっぱさん♪ (ポンまま)
2017-02-22 22:34:22
あたしを知ってもらう一番の早道が
あれを読んでもらうことだと
今も思っているんだけど
おかっぱさんには絶対に読んで欲しかったのよね。
ああいうの、受け付けない方もいると思うのよ。
っていうか、そっちの方が多いんじゃ?笑
でもきっとおかっぱさんなら
理解してくれると思ったんだよね。
ありがとうございますm(_ _)m
ちょっと癖のある、あたしのような人間を
許して、仲良くしてくれて。
そうねー、あいつ、家族愛が半端ないのよねー。
他人には氷のように冷たいから
あたしは最後までそこが好きになれなかった。笑
なんかねー、血ぃ繋がってるあたしより
孫に対する思いが熱いのよー。ね、家族愛(*≧艸≦)
でも結局ないがしろにされキャラだから
今回も良い感じにみんなから
ないがしろにされてたーーーε=(>ε<)
ドMだからね、喜んでたよ。爆
ひさへさん♪ (ポンまま)
2017-02-22 22:47:18
ほ~、そうですか。
縁が深いのかしら。あやつと~?笑
でももう別れちゃってるし~。爆
そうそう。
実の父親には裏切られたし、愛情掛けて貰えなかったけど
彼には沢山愛情を貰ったと思うのね。
二人ともね、
「もしもどちらかひとりしか助けられない」って言われたら
迷うことなく、パパではなくお父さんを助けるって
言うのよね。
それも、本当の家族愛だと私は思ってるー。

あはは~!子持ちだよー。
ふたりもいるのに、そんな浮ついたこと
やってらんないでしょー。
「私は子供を一番愛してるから、
どこまで行ってもあなたは二番目にしかなれない。
そういうのは嫌だ」って
ずっと言い続けて断ってたのよ。
言われたい!!のに断りたい!!ってー。
爆笑してしもたやないの~ε=(>ε<)

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL