ねこなんて大っ嫌い

ってずっと思ってたのに。
死にそうな子ねことの出会いが生きる力を与えてくれました。
バツ2でも結構幸せにやってます!

母 かずえ(30) 嬉しい絵手紙その4 雑記-73

2016-10-16 05:55:55 | 雑記
あらあらポンちゃん、どこのおじさんの真似~?
しっぶいお顔で腕枕~

そうそう、可愛い子ちゃんのお顔をしてくださいよ~

さて、もう恒例と申し上げても良いのではないかと思います、母かずえへの絵手紙。Sさんからの嬉しい絵手紙も4通目となりました。

実はこの絵手紙を頂いたのは、9月の末。母の老健入所騒ぎで記事にするのが遅れた次第でございます。

今回もまた、美しく、心温まるお手紙です。イチジクだと、直ぐにわかりましたよ、今回は。

何通頂いても、嬉しいものですね。絵手紙に添える母の手が、その気持ちを表しているようです。

ですが、文面を拝見してびっくり 会いに来てくださると書かれています。多分自宅に戻るのだと思われているのでしょう。

一通目を頂いたのちに一度だけお返事を書きましたが、その後書いていないので、事情を説明するために、私からSさんお手紙を書かなければ しかも早急に!ですね。

こちら昨日の母かずえ。10月5日に老健入所を無事に終え、入所してから丸10日が過ぎました。入所してすぐの土曜日、面会に行った早々
「お母さんまだ荷物用意しとらんのよ。」
「え?何の荷物?」
「だってこれから家に帰るやろ。ここに2泊したら家に帰るって、あんた言うとったやん」と。

「違うんね、帰られんのね、ここは嫌よ、ここにずっとおらんといけんの?それやったら、お母さんもう早よう死んだ方がええよ・・・」
シクシクと泣き出してしまいました。

「お母さん、それって感謝のないこと言ってるよ。だって、家に帰っても、そんな風じゃ一人でいられないよね。記憶捏造だよ~さっきのって。そんで、また倒れたら大変なことになるよね。前の病院の時も、最初はおんなじようなこと言ってたよ。お母さんは人見知りだから、最初だけなんだよ。慣れれば大丈夫、皆さんから可愛がって頂けるんだよ。そんな我儘言って~、娘を困らせるダメダメ母親か!」そう言って笑いながら、おでこをペチンと叩きました。

すると「へへへへ・・・」と笑いながら「いけんね~、そんな母親。感謝が無い悪い母親やね~」と。聞けばご飯も美味しいと言います。皆さん、優しい人ばかりだとも言います。希望的観測かもしれませんが、時間が解決してくれるのではないか・・・と思うのです。

母の部屋は4人部屋。入ってすぐ左手が母のスペースです。とても清潔ですし、十分な広さです。夜中のおトイレが間に合わない時のために、ポータブルトイレも設置してくださいました。最初の2~3日は、絶対に使いたくない!と言っていたようですが、この日聞いてみると「これ、結構便利よ」と。整理タンスの引き出しの滑りが悪かったので、滑り剤を持って行き、スイスイ開け閉め出来るようにしてきました。取っ手のネジもね、緩んでいたのでドライバーでしっかり締めてきましたよ。

入って右手はこんな風になっています。介護される側もする側も、ストレスを感じなくて済む広さだと思います。人見知りの母にとっては、慣れるまでが本当に大変なのだと思います。でもね、お互いの幸せのためにも、そこは乗り越えてもらうしかありません。

家族が面会に来た時に、歓談できる場所も十分にあります。どのスタッフも、皆さん笑顔です。

中庭の緑も美しいですね。最初のいかさま老健!?に入らなくて本当によかった。今の施設により一層感謝できるのは、あの老健のお陰ではありますが。あとは母が一日も早く慣れてくれることを祈るばかりです。

ねぇ、ポンちゃんもそう思うよね~

あれ?金髪から黒髪に戻したお姉ちゃんに、覆い被さられてたのね~ こうして見ると、刈り上げのおっさんに見えなくもないね~、お姉ちゃん

ごちゃごちゃ うるしゃいでしゅよ~ ままは~
もう~ どっかいって


なんでままにだけ、そんなに冷たいのよ~


泣きたいのはあたしだわ~いや、ほんま
2つのボタンをぽちっとして頂けると、と~っても嬉しゅうございます



  
ポチ、ありがとうございました~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かっぱ橋から浅草のサングス... | トップ | ご機嫌ポンちゃん♪・・・え?な... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うーさん (お針)
2016-10-16 09:34:35
良い老健施設に入れて、かずえさん幸せですね

我が家もそんな事ありましたよ
何時も面会に行くと、『いつ帰れる
の』いつも言ってました
やっぱり、我が家が一番なんでしょうね
かずえさんみたいに、帰るところがないんなら、早く死んでしまいたい...
なんて言う言葉は良く聴きました

帰っても、私が医療事故にあってて
自分の事さえ出来なかった時期がありまして、お世話できないよ、と言ったら
近くの旅館でも借りてくれ〜、
ですって
そんな事出来ないと言うと又、早く死にたいと叫んでました
そういってもね〜
可哀想ですが、仕方なかったよ〜〜

そんな時代もありました
Unknown (まぐろ)
2016-10-16 10:54:50
ふつうの病院しか知らないのですが、
床がフローリングで温かみがあるような気がします。
部屋の広さも 病院と比べると、広いですよね。
お母さんにとっては、引っ越しですから、慣れるまで 多少お時間はかかるのは、仕方ないですね・・。
お友達ができれば、楽しくなるかしら・・
こんにちは。 (ひさへ)
2016-10-16 13:07:06
すごく広くてキレイなところですね!
ポータブルトイレもあって便利だわー。
うちの義母にもそのうちポータブルトイレ必要だろうな・・・。

うちの義母もね、札幌の施設に入って数ヶ月経っても「ずっと網走にいたいから札幌に行く話しは断って・・・」と訴えてました・・・。
なんか、辛いけどお互いの幸せだもんね。
かずえさんが早く慣れてくれる事を私も祈っています。

Unknown (おかっぱ)
2016-10-16 14:18:27
私も、イチジクは分かりましたよ~。
また素敵なお手紙、良かったですね、かずえさん。
かずえさんの帰りたいと思う気持ちわかります。
ままん、説得するのも辛いよね。
でも、こんな素敵な施設だし、
環境にも人にも慣れたら、気持ちも落ち着いてくるのかも。
それにご飯が美味しいってのは、いいですよね。
かずえさんが、慣れて快適に暮らせる事、
祈ってます。
お姉ちゃん、黒にしたの?
そっちもいいですよね。あの人みたいよ。
ほれ、有名な女性ダンサーの人・・・
名前がでてこないけど、世界的な人。ほれ。
とにかくマニッシュでかっこいいよ~!
Unknown (小豆ママ)
2016-10-16 15:32:26
お母さま、お引越しが終わり
少し落ち着かれたようでよかったです。
絵手紙、いつもながらお上手で
気持ちのこもったものですね。
お母さまのお喜びの様子が目に浮かびます。

施設ですが、とても清潔で気持ちの良い環境です。
広々として、中庭があり、談話できる場所があったり・・
スタッフさんもきちんとご挨拶してくださるとのこと。
お母さまをお任せして安心できますね。
お母さまも自力で歩けるようになり
リハビリの成果もでてきて頑張った甲斐が
ありました。
楽しく笑顔で過ごせそうですね。
自宅に帰れる日がくることが一番ですが
まずはここで体力をしっかりつけて
お母さまがもっと元気になられますように・・
お針さん♪ (ポンまま)
2016-10-16 22:53:59
お針さんはお姑さんのお世話をなさったんでしたね。
私なんかは、子供二人いますけど
将来、一人で暮らすのが難しいとなったら
絶対に施設に入りたいと思ってるんですよね。
ですから、お姑さんや母の気持ち、
全く理解できないことは無いのですが
心底理解することは難しいのです。
お針さんはどうですか?
いくらこれ迄一生懸命生きてきたとはいえ
今、私が居ることで、誰かに何かの負担をかけることは
出来れば避けたいと思うのです。
今の施設は、本当に至れり尽くせりですしね。
昔のような「邪魔だから老人ホームに入れる」みたいな
負の感情を持つことの方が、ちょっと違う気がするのです。
みんなが幸せになれることが一番なので
その方向で考えていけると、本当にいいですよね~。
まぐろさん♪ (ポンまま)
2016-10-16 22:58:32
そうですね。ここは土足厳禁なので、
床も普通のお部屋みたいにフローリングになっています。
車いすの方が多いので、広さは十分に取ってありますね。
特にウチの母、人見知りなのですよ。
私も母に似てしまったのか、同じ人見知りなので
その気持ちはすごく理解できます。
だからこそ、時間が必要だっていうことも
分かっているつもりなのですが、母にはどうやら
そこまで考える力は残っていないようです。
親しくお話ができる方が一人でも出来れば
ずいぶん変わると思います。早くそうなって欲しいんですけどね。
ひさへさま♪ (ポンまま)
2016-10-16 23:05:25
そうなんですよ~。
築10年ほどと仰っていましたが、
掃除も行き届いていて、本当にキレイです。
今のポータブルトイレはね、すぐ傍にいても
全く嫌な臭いとかしないんですよ。
何でも特殊な液体が入っているとかで
無臭を保っていられるのだそうです。
母も私も、結構鼻が利くので、臭いがあったら無理~!
あぁ、お義母さまもね、そんなこと仰ってましたか。
同じですね。
母がこういう状態になってしまった以上、
こうするしか方法は無いのですよね。
お互いの幸せのために、お互いが努力しなきゃいけないなぁ~
と、つくづく思います。
ありがとうございますm(_ _)m
フデさんのね、幸せもね、祈っておりますよ。
お互い、がんばりましょうね!(^-^ )
おかっぱさん♪ (ポンまま)
2016-10-16 23:16:03
イチジクも上手に書いてらっしゃいますよね~。
郵便受けを開けた瞬間
え?また?また書いてくださったの?と
毎回驚き、その事に慣れることはありません。
有り難いよね、母のためにこんなに手間のかかる
絵手紙を書いてくださるなんて(ToT)
母はもう、我儘な少女に戻ってしまっているので
説得は難しそうなんだけども
どこかにちょっとだけ、母としての矜持というか
そういうものが残っている気がするのね。
そこを突くと、ハッと我に返る的な・・・ね。笑
今回も面白可笑しく、そういう話をしたら
最後には反省していました。
一日も早く環境に慣れて、心穏やかに過ごして欲しいよね。
そーそー。お姉ちゃん、ま、一度金髪にしたら
それで満足したようで。
仕事で銀行の人と折衝しなきゃいけなくなって
慌てて黒髪に戻してました(^w^)
え?「ほれ」はあたくしの口癖であることよ~!
結局分かんないし、マニッシュさえも
分かんなかった~(iдi)ググれ、カスめ!笑
小豆ママさん♪ (ポンまま)
2016-10-16 23:25:21
ご心配、ありがとうございますm(_ _)m
先週の土曜日に比べたら、少し落ち着いていたかな。
でもね「お母さん、こういうとこは好かん。
団体生活は向いとらんのよ」などと、
結構冷静なことも言ってました。
ならば一人で過ごすことも自由で可能なので、そうすれば?と
言いましたが、なんせ趣味が余り無いのです。
本を読むことも殆んどしませんし、夢中になれることが
無いのですよね。
環境的には文句なし!なので、あとはとにかく
慣れてくれることを祈るしかありません。
認知症さえなければ、自宅での生活ももしかしたら…と
思えますが、かなり進行しているので
それもちょっと難しかな・・・と思います。
どんな所で暮らそうと、元気に健やかに過ごしてくれることが
一番ですものね。
そんな日が来ることを、ひたすら祈り続けます。
Unknown (まねき猫)
2016-10-16 23:45:33
とても良さそうな施設ですね。
ポンままさん、とても切なかったですね…。
お母様が少しずつでも環境に馴染めるますように♪

よかったですね (tsupi)
2016-10-17 08:22:46
お母様のお住まい、本当に綺麗で、スペースも広くて!
お食事も美味しくて、施設の方も親切で!
でも、どんなに良い施設でも、慣れるまでには、時間がかかりますものね。
お母様の、『shine』笑顔のお写真が拝見できる日を、楽しみに待っています♪

写真と言えば、一枚目のポンちゃんの写真、ビビりました(笑)。
老健 (あかぶーぶ)
2016-10-17 16:41:42
こんばんわ ポンままさん!

ポンままさんの泣きたい気持ちも、お母様の泣きたい気持ちもなんかよくわかるぅ。

うちの母も帰りたい帰りたい!って泣きついてきた。その時とっても辛かったこと覚えてます。

でもポンままさんもお母様も偉いです。家とはえらい違いだと感心してしまいました。感謝できる心を持つと言うことはなかなか難しいことかもしれないのに。

絵手紙の優しさが素敵ですね。無花果大好きです(って、私が好きでもねぇ(笑))
こんにちは(^^♪ (菊乃)
2016-10-17 18:05:05
ポンちゃん 
お姉ちゃんに
覆い被さられても平気なのは
お姉ちゃんの 若いエキスを吸い取って
やろうと言う ポンちゃんの作戦ですね

あっ! 
ポンちゃんストロー持ってる
な わけないか・・・ face2_happy_m/}
まねき猫さん♪ (ポンまま)
2016-10-17 21:44:18
はい!とても良い施設だと思います。
まぁ、予想しないことではなかったのですが
泣かれるとね、やっぱり切ないですよね。
でも母かずえ、結構悲劇のヒロイン劇場やりたがるので
今回もそれ、入っていたかと思います。笑
だって、私が諭したら、へへへって、すぐ笑ってましたから。
早く馴染んでくれると嬉しいです。
いつもありがとうございますm(_ _)m
tsupiさん♪ (ポンまま)
2016-10-17 21:50:36
そうなんですよ。
環境的には最高だと思います。
お料理も美味しいみたいだし、本当に皆さん親切だし。
私もそうなんですけど、母も相当な人見知りで。
だから普通の方より
慣れるのに時間が掛かると思うんですよね。
でもそういう自覚、母には無いので、
この世の終わり・・・みたいになっちゃうんだと思うんです。
そうですよね~。あのTシャツのように
輝いた笑顔が出る日は、きっと遠くないと思います。
あはは~!でしょ?でしょ?
ポンちゃんの顔~!オヤジにしか見えませんよね。
それでもめっちゃ可愛い!とか思ってるんですから
ホント、親バカちゃんりんですよね~f(^^;)
あかぶーぶさん♪ (ポンまま)
2016-10-17 21:58:47
そうだったんですね~。
あかぶーぶさんのところも、同じようなことが(ToT)
これはやはり避けて通れない道なのかもしれませんね。
信仰があった母は、二言目には「感謝、感謝」と
言ってきた人なんです。
だからね、この言葉は母にとってとても有効。
と言っても、とても実践出来ているようには見えませんでしたが(^w^)
目指す方向はちゃんと分かっていましたからね。
その時だけは、素の母に戻ってくれたようでした。
絵手紙を下さるSさんには、本当に感謝しているのですよ。
私にはきっと真似できないなぁ~って。
無花果、好きですか~?私も大好き♪
母が昔、よくジャムを作ってくれたものでした。
菊乃さん♪ (ポンまま)
2016-10-17 22:01:56
こらこら!若いエキスとか~(^w^)
お姉ちゃん、もう若くないから~(*≧艸≦)
もう直ぐ34歳になっちまう(ToT)
そんなの飲んだら
ポンちゃん腹下す~ε=(>ε<)
あたしの飲んだら、
死んじゃうね(iдi)笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

雑記」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL