ねこなんて大っ嫌い

ってずっと思ってたのに。
死にそうな子ねことの出会いが生きる力を与えてくれました。
バツ2でも結構幸せにやってます!

孫と公園 (・・?!え?誰が? 雑記-56

2017-01-29 05:55:55 | 雑記
いきなりの豚汁です。余り美味しそうに写っておりませんが、なかなか美味しかったのですよ。これはおかわりの2杯目です

先週の日曜日に、毎年恒例の自治会主催「新年お餅つき会」が行われました。子供たちが小さい頃から必ず参加しているお餅つき会。自治会の役員さんは毎年変わりますので、その年にもよりますが、大体行われる内容はこんな感じです。相変わらずのブレブレ~、お許しください!

その無料のお餅というのがこちらです。マンションの外庭で、杵と臼を出して子供たちはお餅つきを体験させて貰えます。つきたてのお餅って、最高に美味しい~

いつもはね、息子家族が勢揃いでやって来ます。ところが今年はお嫁ちゃんがインフルエンザにかかってしまって、急きょ来れなくなったと連絡があり、あたくし油断しておりました。何をじゃ~? ところが会も終わりに近付いた頃、息子が二人の孫を連れてやって来たのです。息子の家は車で45分くらい~?

二人の孫は、結局今年はお餅つきを体験することは出来ませんでしたが、会が終わった後、マンション敷地内にある公園へ。ちなみにポンちゃんが落ちていたのはこの公園の側道です。

思えば、孫が二人もいるのに、一緒に公園で遊んだことのないこのダメダメばーさんなあたくし。超インドア派とは言え、それはあかんわ~と、初めて公園で反省いたしました。まぁ、紫外線アレルギーなので、極力外に出たくないという理由はあるにせよ、世間のお婆様方から、非難ごうごう浴びせられても反論はできません。

元々子供が余り好きではない私が、子供を産んでしまったっていうことが「子供が好きでない母に育てられる子供の苦労」を生んでしまったような気がしています。

だからね、ウチのお嫁ちゃんを見ていると、本当に子供が好きで、本当に優しくて温かくて「もっと若い頃に、この人に母のあるべき姿を教えて貰いたかった」とまで思ってしまう自分がいます。

そんなお嫁ちゃんが育ててくれている私の孫は、上がこの春小学2年生になる女の子。仮に亜実ちゃんとしましょうか(これは息子がお腹にいた時に女の子ならこの名前!と思っていたその名前)下が5月で4歳になる男の子です。仮に修平としましょう(これは息子の名前を決める時に第二候補だった名前)

亜実ちゃんは、娘の小さな頃によく似ています。娘とお嫁ちゃんの顔が似ているのですよね、何故か。とても繊細な子で、でも最近はお転婆さんらしくて、ちょっとおっちょこちょいなところもある、コロコロとよく笑う女の子。修平は息子の小さい頃よりかなりイケメンです。でもね、その行動は息子のこの頃を彷彿とさせるほどよく似ています。とにかくチョロチョロして落ち着きがな~い!!

こらこらお父さん、チミが子供の上にあがって、どーすんの。修平が落っこちたら誰が受け止めんの~?

こうして見ると、感慨深いものがありますね。あの小さかった息子が今やこの二人の子のお父さんなんだものなー。

「ばーちゃま、ばーちゃま、見てて!亜実ちゃん、逆上がりできんの!」気負いすぎたのか、失敗

ならばと今度は低い方の鉄棒へ。「ばーちゃま、見ててよ!ちゃんと見てる?」「見てるよ~。お喋りしなくて良いから、がんばって回ってごらん!」

よっ

とっ

せー。
「ほらね、出来たでしょ?すごい?すごいでしょ?」
「うん、すご~い。出来たねぇ。すごいねぇ。」

この大股っぷりは、なかなかの強者。

そしてこちらを向いて、満面の笑み。お見せできなくて残念です~

今度はブランコね。

でも他の遊具が目に入ると、直ぐにそちらが気になる修平。

ならばと、今度はあたくし、数十年ぶりにブランコに乗ってみましたよ。頭部左側面が刈り上げのばーさんて~!

亜実ちゃんと何やら楽しそうに話をしながら、ブーランブーラン。

娘が勧めてくれた抗アレルギーのサプリのお陰で、紫外線アレルギーはすっかり鳴りを潜め、こうして陽の当たる場所で孫たちと一緒に遊べる幸せを、しみじみと感じることが出来た休日。

息子がちゃんとお父さんしているところも見ることが出来ましたしね。あとはお嫁ちゃんのインフルエンザが、一日も早く治りますように・・・と祈った一日でもありました。

でもきっと、私の友達に「孫と公園で遊んだ」って言ったら、「え?誰が?誰が孫と公園で?」と言って驚くことでしょう。
証拠としてこの記事、是非とも書かねば~と思った不埒なばーさんの話。大変不謹慎で申し訳ございません


でもね、ホントに、とっても楽しかったのですよ~
2つのボタンをぽちっとして頂けると、と~っても嬉しゅうございます



  
ポチ、ありがとうございました~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウチの子年間カレンダーNo.3 | トップ | 母 かずえ それでいいよね (35) »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まぐろ)
2017-01-29 11:09:03
私にもいつか孫ができる日がくるのかしら・・・(我が家は息子1人)
もしも そうなっても、絶対に ばあちゃんとは呼ばせないぞ~~~!!。
この公園で ポンちゃんと出会ったんですね。
私も次男チビとは、息子を公園で遊ばせていて出会った子です。
その当時は 無知だったので、こんな可愛い子猫を捨てる人がいるなんて、思ってもいませんでしたよ。
でも・・現実には いるんですよね。
そういう心ない人間が。

お孫さんと公園で遊んだ証拠を見て、
ポンママさんのことを良く知る方はどんな反応されるのかしらね・・
まぐろさん♪ (ポンまま)
2017-01-29 11:33:30
ウチは娘が独身主義らしいので
きっと孫は二人で終わりですf(^^;)
どっちでもいいですよね~、孫はいてもいなくても。
子供たちが幸せに暮らしてくれていれば
それだけで十分なんです。
その幸せの中に、孫の存在があるならば
やっぱり大切にしなくちゃ!って思いますけど(^-^ )
ポンちゃんはね、母ねこが咥えていて落としたんじゃないかと。
誰かに捨てられたような感じではなかったのです。
チビちゃんと出会ったのも公園だったのですね。
息子さんが引き合わせてくれたってことですね(^-^ )
友人たちは一様に驚くと思います(゚Д゚;)
まだ記事を出したばかりで今のところ無反応ですけどf(^^;)
「やれば出来んじゃん!」とか言われそう~(*≧艸≦)
こんにちは (ひさへ)
2017-01-29 12:43:52
ポンままさん、カッコ良すぎる「ばーさん」だぜ!
いや、ばーさんに見えない!
子供って見ていると面白いですよね。
ポンちゃんと出会った公園ってここなんですね~、しみじみ・・。

幸せなシーンですね。
ヒトとして自分の遺伝子が次々と受け継がれていく。
いいなー。
私も子供嫌いでね。
元々私の実母とその祖母が子供嫌いという家系?でして、私も娘の子育てが苦痛だった。
もう一人産みたい、なんて思えなかったけど、今は孫が欲しいー!
娘の小さい頃ももっと可愛がって育てれば良かったーと今更ながら後悔している有様で・・。
年齢を重ねるって、不思議ですねぇ。
あ、私だけか!
ひさへさん♪ (ポンまま)
2017-01-29 14:42:15
いやいやいや~。
カッコいいばーさんを目指してはおりますが
なっかなか~(iдi)
先ずはお正月太りを含めた体重を
5キロほど落としたいところ~!
そうそう、ポンちゃんはこの公園の側道に・・・ね。
思えば詠美さんのサイン会に行かなかったら
ポンちゃんとは会えてなかったのよね~。
運命の巡り合わせってぇやつを、感じますね~。
そっかー、ひさへさんはそうなのね。
あたしはねぇ、自分の遺伝子とか
あんまり興味が無いのよね。
だから子供たちのことも、血が繋がってるから可愛いとか
そんなことは余り思わないのよー。
自分自身が血の繋がりに、信頼を持てないっていうのかな。
おほほ~。
ひさへさんちも我が家と一緒だぁ!
代々の子供嫌いよ!!爆
でもかずえさんは、それを認めたくないみたい。
子供嫌い = 悪い
っていう図式が彼女の頭の中にはあるようでね。
あの方、自分に悪い要素は無い!と思ってる方だから~。
どこからどうみても、子供好きじゃないのに
「私は子供が好き」って言い張ってる~(*≧艸≦)
年齢を重ねても、元々こんなだと
そんな風に思える人は少ないんじゃないかな。
優しいよね、ひさへさん。
それなら間違いなく、いいばーさんになれるぜぃ!
先輩!? (紅実子)
2017-01-29 15:16:30
ぽんママさん、昨日は本当に心のこもったコメントをいただき、ありがとうございました。
感謝感激!勇気凛々!です。
ところでぽんママさん、おばあちゃんだったんですね!?
ウチは、私自身も結婚は遅かったんですが、子どもたちがまだマゴマゴしていまして…(笑)
生きているうちに、誰か孫を抱かせてくれ~!!(切実)って感じです。
でも、ぽんママさんのおっしゃる通りですね。
「子どもたちが幸せに暮らしてくれていればそれだけで十分」…って。
無いものねだりはいけませんね。
でも、このほほえましさ…!やっぱり羨ましくなります。
お嫁さんとの関係も素敵です。
これからも、その辺の記事も期待しちゃいます。
よろしく、先輩!!
Unknown (おかっぱ)
2017-01-29 15:39:20
ブランコで、亜実ちゃんと並んでる写真が、
凄く素敵だよ。ハートウォーミング。
小さなポンちゃんとの思い出の公園に、
また新たな思い出が加わったんですね。
昔、たまーにしか会わない婆ちゃんにね、
1度だけ、抱っこされて歌を歌ってくれた事が、
いまだに覚えてるんだぁ。
ままんの孫ちゃん達も、きっと、
いい思い出になっただろうね。
我が家のカズコも、めっさ子供嫌いなんです。
孫が産まれた当時も、平然と言ったの。
「わし、全然可愛いと思わん」って。
「自分が産んだ子しか、可愛いと思わん」だって。
その不器用さに、ちょっと胸打たれたよね、
不覚にもね。
「おかっぱの孫(猫)は、可愛い。なぜならば、
小遣い欲しいって言わんから」って、
そこかよって思ったけどね(爆)。
そんな私も、お子さんは苦手だなぁ。
なんつーの?どうしていいか分からんのね。
変顔してやると、延々とやらんといかんやん。
引き時が、分からんのよね(笑)。
紅実子さん♪ (ポンまま)
2017-01-29 15:45:40
お初コメント、ありがとうございますm(_ _)m
いえいえ~、感じたこと、思ったことを
ダラダラと書いてしまい、申し訳ありませんでした~!
でも、良いものは良いものですからね。
やっぱりずっと、書き続けて頂きたいなぁとf(^^;)
あはは~、年は紅実子さんよりひとつ下ですが
あたくし立派なばーさんでございますの~(*≧艸≦)
あ、立派じゃなかった~ε=(>ε<)
私は最初の結婚が二十歳でした。
それでも3年以上子供が出来なくて
「まだなの?子供は?」と聞かれる度に
とても違和感を覚えましてね。
孫を期待するのはジジババの身勝手・・・なぁんて
言葉にすると辛辣ですが、実はそう考えています。
出来たら出来たで嬉しいけれど、
出来なきゃ出来ないでそれもまた嬉しいんだよ~くらいに
思っているのが、丁度よさげ~!と思うんですよね。
息子が生まれてきて、
一番でかした!ようやった!と思うことは
あの人をお嫁ちゃんに選んでくれたこと。
「どうか返品無しでお願いします」と頭を下げましたよ~。笑
結婚して10年近くになりますが、その思いは今も変わりません。
こちらこそ!
纏まりの無い、ガチャガチャしたブログですが、
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m
おかっぱさん♪ (ポンまま)
2017-01-29 16:06:46
あはは~。
あれね、実は結構ドキドキしてたの~!
ブランコの感覚忘れてたよねー。
でも亜実ちゃんが、ホントに楽しそうに話してくれるから
こっちまで嬉しくなっちゃって
ドッキドキのニッコニコだったんだよね~。笑
そうそう。ポンちゃんはここから始まったの。
そこにまた、新たな思い出がプラスされて
やっぱここ、絶対あたしの終の棲家にした~い!って思う~。
クインカズコさんもぉ!?お仲間か~?
でもさぁ、「自分が産んだ子しか、可愛いと思わん」って
裏を返せば「お前のことは可愛いと思っとる」って
正々堂々とした愛情表現だよね。
そりゃ胸打たれるわ~。ジワーっとね。
がはは!小遣い欲しい云々は、
ま、カズコさんの照れ隠しじゃのぉ。(お前、誰?)笑
へぇ~、そこは意外!おかっぱさんは子供好きそうなのに~。
そうよね、扱い方が分かんないだけだよね、きっと。
子供って喋るじゃない?
有り得ないくらい可愛くないこと言う時期とか
あんのよね~、ウチの子たちも含めて(多分自分も)
そういうのを大きく包む包容力ってぇのが
あたしには欠如してるのよ~、間違いなく。
引き際か~(^w^)ぶぶっ
人が良いから、いつまでもやってあげるんだろうなぁ、
おかっぱさんって。
それ見たさに今度孫連れて遊びに行こうってか~?(*≧艸≦)
性格悪すぎよね、あたし。爆
素敵な1日でしたね (hnmk3710)
2017-01-29 19:05:11
可愛いお孫さんとの1日、いかがでしたか?
素敵な思い出になりましたね💕
お孫さん達、元気いっぱいって感じですね。
ポンままさんは 若いおばあちゃんなんだろうなぁ。
それにしてもお餅…美味しそ〜!!💕💕
お餅つきをしてくれるなんて、いいマンションですね!
hnmk3710さん♪ (ポンまま)
2017-01-29 19:18:58
孫が小学2年生だっていうのに、
初めての公園だなんてね~(ToT)
羞恥心をお持ちの方なら隠したい事実!?
でもね、予想外に楽しかったのです。
これまでは母が居たり、みんなの食事の準備をしたり
っていうのもありましたけど、
今回は母もおらず、食事はしないで帰ったので
気分的にもリラックスできたのかもしれませんね(^-^ )
若くない!若くない!!
だってぇ、電車で席譲られるの、結構頻繁よ(iдi)
白髪頭のせいってことにしてるけど~!爆
お餅は最高に美味しかった~ヽ(^。^)丿
古き良き習慣を残してくれているこのマンションは
私にとってホント、大事な所ですね。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL