波佐見焼、伝統工芸士,峰雪窯の根気の手描き染付け

唐草の間に鹿の子(豆)を数千個から数万個の鹿の子を描き込む根気との戦いの作品、澄んだ青色が特徴、独自で追求した技法

大作に挑戦「鉄線鹿の子唐草壺」

2016-10-19 19:09:24 | 日記
久しぶりに大作壺に挑戦

高69cm径31cm唐草の間に鹿の子(豆)を11万個前後描き込む根気との戦いの手描きの作品、指名を受けての絵付けだけのご注文、

本焼き後に中心の空白部分に人物写真か風景写真を焼き付ける予定です、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小倉駅前のメーテルと哲郎 | トップ | 池袋東武にて「大長崎展」in... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。