housetpi

gooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夫妻贈與從寬認定 最多省稅900萬元

2017-03-21 03:35:39 | 日記
夫妻贈與從寬認定 最多省稅900萬元


財政部公告最新解釋令,老公愛老婆贈與房地從寬解釋,不用擔心被課重稅!依解釋令,夫妻贈與最大差異就是房地合一上路前取得,上路後才贈與,持有2年以上,出售時可適用舊制,即土地增值不用課資本利得稅,另如在房地合一上路後才取得,也放寬成本認定標準,採認最先實際取得價格。試算夫妻贈與3000萬元土地,日後以原價出售,可省下400~900萬元稅金。 信義房屋不動產企研室專案經理表示,最新釋令解決夫妻贈與後出售,適用新舊制與成本認定的問題,如夫或妻在2015年12月31日前由他人手中購入不動產,並在2016年施行房地合一稅制後,才進行夫妻間贈與,其後再行出售給別人,只要「夫妻持有時間」合併計算滿2年以上才出售,放寬可以適用舊制,等於土地交易不用繳資本利得稅。 {ad-優質推薦: 新莊土地,   竹田農牧用地,   台南廠房廠辦,   台東建地,   后里農地,  )
另外,配偶自第三人以「市場價格取得」房地,夫妻間贈與後轉售,則「市價」可認列原始取得成本,並非以遠低於市價的土地公告現值當作成本,這點也可為小倆口省下許多稅金。 舉例來說,不考慮可扣除土地漲價狀況下,小陳2016年3月以3000萬買入土地(2016年土地公告現值1000萬),2016年4月贈與給太太小玲,小玲於2017年2月以原價轉售他人,適用房地合一新制,但依新的解釋,可採當初取得市價認定,無獲利不用繳稅,若按解釋令公布前,依土地公告現值做為成本課稅,1年內短期轉期出售需課徵45%,稅金達900萬。 資料來源:中國時報 {ad-優質推薦: 岡山電梯大樓,   南投土地,   中壢辦公室,   小港房屋買賣,   桃園套房,  )

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北市2月房市交易量 較1月下跌... | トップ | 台北房市交易量減19.42% »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。