housetpi

gooブログ

桃園房產移轉登記共計2,921件

2017-03-21 03:36:32 | 日記
桃園房產移轉登記共計2,921件


本市買賣登記案件數統計資料顯示,106年1月買賣移轉登記案件量共計2,921件,較前月(3,643件)減少722件,減少幅度約19.82%,經分析係受到國人如有購置不動產需求時,多期望於年底前完成交易,與105年1月2,570件相較增加351件,增幅約13.65%。就土地、建物買賣登記移轉筆、棟數而言,106年1月土地移轉筆數為3,840筆、建物棟數為2,516棟,共計6,356筆,雖較前月減少22.95%,但與105年1月相較增加17.64%。 本市住宅市場平均成交單價近一年來呈現漲跌互見的走勢,大樓產品105年11月成交均價為18.93萬元/坪,較前月上漲5.11%,與104年11月下跌2.82%;本月公寓類型成交均價為11.32萬元/坪,較前月與104年11月分別下跌5.75%及2.92%。 {ad-優質推薦: 屏東土地,   台中南屯土地,   台南土地,   嘉義市西區辦公室,   新竹房屋,  )
擇定八德、中壢、平鎮、桃園、龜山與蘆竹區作為分析桃園市重點都會區住宅平均成交單價,各行政區105年11月住宅成交單價與前月相較呈現漲跌互見走勢。本月中壢區成交單價與前月相較有較大幅度波動,單價為20.78萬元/坪,較前月(17.46萬元/坪)上漲19.01%,主因為新建案交屋區位條件不同所致,上月交屋之新建案集中於內壢及龍岡地區,本月則以高鐵車站特定區比例較高。住宅成交平均單價本月前三名之行政區分別為中壢區(20.78萬元/坪)為最高,其次為桃園區(20.61萬元/坪)及蘆竹區(19.51萬元/坪)。 整體而言,受到國內整體經濟景氣走緩,房地合一稅制變革等因素影響,不動產市場仍呈現持續觀望態度,本市最近一年間不動產市場交易價量,均處於盤整之走勢。 資料來源:自立晚報 {ad-優質推薦: 新北市辦公室,   新營土地,   南崁不動產,   新竹不動產,   壽豐土地農地,  )

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台北房市交易量減19.42% | トップ | 北市不動產交易量 公寓續跌大... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。