現代社会とは

2017年08月09日 | 仏教
 先日、「平和を願う佐賀教区の集い」で、聞かせていただいたことを一部ご紹介。

 2016年 オックスフォード大学が、時代をあらわす言葉 として表現したのが

 「 POST TRUTH 」

 POST は、~のあとで、~の次に  TRUTH は、真実、大切なこと

 つまり、大切なことは、さておく時代、大事なことが後回しになる時代、人間の欲望のまま生きることが肯定される時代
 客観的な事実よりも、一人の力ある人間が主張する嘘の方が事実としてまかり通る時代

 「人権」「多様性」など大切にされていた時代が区切りを迎えた。人権意識を後退させることに恥じらいを持たない時代に入った。

西欧では2016年にそうした時代に入ったが、
日本では経済最優先で人権を軽視する(原発再稼働など)段階に2012年頃から入っている。

自分のことしか考えず、自分さえよければいいという人間の思いを
他の人と皆ともに生きてゆきたいと思わせるのが、仏さまから私への回向。

こういう時代だからこそ、仏の願いに気づかされることの大切さをお話くださいました。

最後に「平和は自然現象ではなく、守り作り出すもの」と聞かせていただきました。


 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第25回平和を願う佐賀教区... | トップ | 栄の国まつり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (案山子)
2017-08-12 18:27:32
Post Truth、 悲しい現実ですね。

とりわけ、
第2次安倍政権発足以降のこの国・・、
トランプ政権発足以降の米国・・、

真実・正義・客観的事実など、拠るべきところから乖離して、
権力者の恣意・情動・個人的信条によって国家と社会は動いているようです。

そして然し、その権力構造の成立はそれぞれの国民による選択の結果ではなかったでしょうか。
民主主義は、集団の構成員が一定の見識を有することを前提として成り立つものですが、
残念ながら 現実は衆愚主義でしか在り得ないようです。

多くが、自我を全てとして 真実から目を背ける状況の中、
仰るとおり、〈法に目覚め 他に心を馳せ 共に〉 とする教えは 本当に大切であると思います。
仏法が一人でも多くに広まることを願うばかりです。
Unknown (法専寺)
2017-08-12 20:08:23
案山子さん

ありがとうございます。
「世の中安穏なれ 仏法広まれ」
と、私自身の生き方(自分さえよければ・・・になっていないか、真実に無関心になっていないか、世間に流されていないか)を仏に問いながら、生きてゆきたいと思います。

コメントを投稿

仏教」カテゴリの最新記事