houseklg

ブログ

房市持平 高市標售地保守推案

2017-03-21 02:50:06 | 日記
房市持平 高市標售地保守推案


景氣緩慢復甦,不動產交易持平,高市府開發區土地標售採保守推案策略,今年第1季推出低價、小面積的標的,測試市場水溫。 地政局推案將於3月15日辦理第1季開發區土地標售,共有13標15筆建地,合計總底價新台幣8億4747萬元,以小面積及低價標地居多。 地政局也說,公告推出後,民眾詢問度最高的是小面積且低價,物件價格在1500萬元以下的近5成,適合民眾參與競標,其餘較大坪數標的適合中小型建商推案或合建。 {ad-優質推薦: 楊梅公寓,   彰化廠房買賣,   高雄農地,   屏東休閒農地,   苗栗工業用地,  )
在標售地中,以每坪約40萬到60萬元間的三民區新都段、鳳山區鳳青段價位最受關注,因為兩標的都位處於新興發展區,周邊公設佳、並有優質的休憩空間,生活機能好,地價水漲船高。 以中都重劃區的新都段為例,鄰近美術館特區及農16開發區,地理位置優越;尤其未來鐵路地下化工程完工後,原台鐵軌道改建成綠色廊帶,可連結美術館園區,對於房地產發展有加乘效益。 地政局第1季土地標售案將於3月15日公開標售,意者洽高市府地政局網站查詢。 資料來源:中央社 {ad-優質推薦: 嘉義市房屋,   太平房屋買賣,   新竹賣屋,   雲林休閒農地,   大雅房屋,  )

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南市震災重建完工 住戶入厝 | トップ | 小坪數當道 選屋裝潢切記2件事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。