houseklg

ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月六都交易量年增66%

2017-03-21 02:34:58 | 日記
2月六都交易量年增66%


1日六都會區分別公布「2月份建物買賣移轉棟數」,交易量最大為新北市3143戶,最少是台南市1085戶,統計2月六都交易量為1萬2257戶,與2016年同期7406戶比較之下,年增65.5%。 永慶房產集團業管部經理表示,2月份六都會區交易量,雖比1月量縮約22%,但統計今年1-2月六都會區的交易量為27,913戶與去年同期的1萬8792戶,已年增48.5%,預期第1季交易量可望優於去年同期,買氣持續復甦當中。 觀察六都公布的交易量表現,新北市、桃園市、台中市與高雄市等都會區交易量年增率超過5成,此外表示,台北市、台中市與高雄市交易量比1月量縮不到2成,顯示買氣相對穩健,購屋意願與信心復甦有機會較其他都會區快。 {ad-優質推薦: 南屯區透天,   新北市廠房廠辦,   東港農地,   草屯透天,   桃園別墅,  )
雙北市2月房市交易情況來看,分析台北市交易熱區較集中於中山區與內湖區。北市看屋情況持續回溫,但房價是買方考量的關鍵,因此市場銷售的房產有降價讓利的意願,仍有成交的機會。目前房價相對平實的市郊區中古屋,或是市中心區中低總價的住宅是交易的主力產品。 新北市部分,說新北市2月交易量3143戶,交易量最高的行政區為淡水區約400多戶,其中新市一路一段的「台北灣-四季之旅」規劃千戶的社區,延續1月持續有交屋,帶動區域的交易量能,其次行政區為新莊區,在丹鳳捷運站附近的天祥街「鴻邦世界花園」,也有交屋情況。2月整體新北市交易量年增率大幅成長9成5,買氣有望持續回溫。 資料來源:自立晚報 {ad-優質推薦: 豐原廠房廠辦,   台中買地,   南投不動產,   桃園土地,   新莊電梯華廈,  )

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 桃園捷運增點 中壢後站起飛 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。