福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウ館)」による開運ブログ

西鉄福岡天神駅構内の福岡PARCO前にある福岡占いの館「宝琉館」天神店と福岡六本松駅から徒歩3分の宝琉館六本松店のブログ

2017年 いぬ年(戌年)生まれの運勢 中国式えと占い 四柱推命

2016-11-29 20:29:28 | えと占い 2017年...

福岡占いの館・宝琉館スタッフのブログです。

Tianxin1

紅葉が散りゆく晩秋・12月をもうすぐ迎えます。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月。いよいよ師走、年の瀬です。

西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね。

実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。

 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。

Houryuu_3_2

11月29日(火)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館で深川宝琉先生による直接開運鑑定会を行います。 

全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。  

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店  で深川宝琉先生による直接開運鑑定会を行います。

西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。

電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。 引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」   をご覧下さい。 

以下は深川宝琉先生によるオリジナルの最新情報です。じっくりご精読下さい。

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

 

Inudoshiumare

2017年(平成29年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれ  、うし年(丑年)生まれ  とら年(寅年)生まれ  、うさぎ年(卯年)生まれ  たつ年(辰年)生まれ  、へび年(巳年)生まれ  、うま年(午年)生まれ  ひつじ年(未年)生まれ  さる年(申年)生まれ  とり年(酉年)生まれ  いぬ年(戌年)生まれ  、いのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に見ていきます(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)

今回はいぬ年(戌年)生まれの2017年(平成29年)の運勢を見ていきます。

いぬ年(戌年)生まれは、1934年(昭和9年=甲戌年)生まれ、1946年(昭和21年=丙戌年)生まれ、1958年(昭和33年=戊戌年)生まれ、1970年(昭和45年=庚戌年)生まれ、1982年(昭和57年=壬戌年)生まれ、1994年(平成6年=甲戌年)生まれ、2006年(平成17年=丙戌年)生まれです。

【戌(いぬ・ジュツ)】

Inu

天源占いでは煉(レン)。公平で負けず嫌い。潔癖症で責任感あり。粘り強い。活発で努力の人。批判精神が旺盛。売られたケンカは買う、ケンカっ早さ。融通性がない。用心深く理屈っぽい。やせ我慢する。時で言えば10月、午後7~9時、秋(土用)。方位は北西。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。

【2017年(平成29年)のイヌ年(戌年)生まれの運勢】

Inudosieto1

今年の干支(えと)の星宮図は配置が良く、流年命卦(風火家人5爻)も良い。運命学の知識をかじった人ならば2018年が戌年なので太歳(年男、年女)になるのは18年だと思う人もいるが、戌年生まれは太歳星の前鋒が今年中に周辺に到達するので、その因果で今年5、6月以降から喜び事や遺憾な出来事が発生しやすく、2018年の前倒し現象が起こりやすい。

今年は個人的な事では守りに徹していけば、来年は次第にチャンスに恵まれやすい環境になる。

チャンスを得るために祭祀を行う貴重な期間が芒種(ぼうしゅ=6月5日)の時期からの一週間。これが厄を祓うための大切な期間となる。

Toridoshiryuunentaisaihaichizu001_2

駅馬(えきば=移動を転々とする星)が遷移宮に入宮するために生活が非常に多忙となり、休息を取ることが困難になりやすい。東奔西走し、自分のプライベートな時間を取りにくいので、時間の管理、調整が大きな鍵を握る年となる。

吉星の女性星である「太陽」が命宮に入宮しているので、戌年の女性は男性よりも運が強くなり、異性運においても圧倒するので、そのコントロールが大切となる。良い意味で女性は男性のサポートを得ることができる。太陽が入宮していることで、社長、経営者、トップ層につながる勢いを秘める。

凶星の板鞍、晦気が入宮しているので、過去の事情のことでトラブルが再燃したり、複雑化したりしやすく、持病の再発などに注意。自分と直接関係がないことでも、状況が悪化再燃しやすい。これまで未解決な出来事があれば、その9割が身に降りかかりやすいので、うまく処理して細心の注意が必要。今年は太歳相穿相害年(太歳年の一種)で小凶だが軽微。

今年は身の上に起こりうる様々な出来事を「お知らせ現象」による予兆でいかに回避できるかがポイントとなる。それは吉星である太陽が入宮しているために、予兆が通常よりもはっきり出やすく、いままで暗闇で見えなかった陰徳も巨悪も露見しやすく、仕事も金運も愛情運、健康運も直接関わってくる。

いかに自制し、祭祀をしっかり行い、環境を整えるかで公のこともプライベートも新たなバランスが組まれて危機を回避していける運を持っている。

 【金運】

Inudoshi2017

今年は学習のために投資する年回り。通常よりも出費は増えるが学ぶために生きたお金として先行投資する。だが、予算の範囲内で行うべきであり、無駄使いは決してしてはいけない。そうしていけば資産運用は良好になっていく。

 【仕事運】

計画をしっかり立てて無謀な行いをしない。仕事は新規の展開が見込まれ、途中で波乱が起こるが、そこで一喜一憂してはいけない。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)、熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は一歩先を行き、前向きに判断していくこと。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は守りに徹していく方が得策。

【恋愛結婚運】

生活上、小さな意見の食い違いからトラブルを生みやすい。独身者は長期間、感情が落ち込みやすい時期があるが、旧暦2月、4月、10月がラブチャンスの時期であり、新たなお付き合いができる異性縁がある。

 【健康運】

些細なことから病状が悪化しやすい。皮膚病、肺や呼吸器系、胃などの病気に注意。ストレス性の病であれば、体力増進していけば問題なくなる。今年はメンタル面で精神力を上昇していけば身体能力がアップし、安定する。

【総合運】

些細なことからトラブルに見舞われやすいので、うっかりミスに気をつける。レストランの予約ミス、旅行計画のミスなどが起こりやすいので、再確認してトラブルを最小限に防ぐようにすれば大きな失敗は防げる。

Etochina001_2

※いぬ年(戌年)生まれの2017年(平成29年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。

それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  の「四柱推命」欄  や「大吉祥! 読むだけで開運覚醒する2017年の運勢」を本格鑑定できるようにしました。  

Etouranaitenchijin_2

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで開運覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

Kigakuwakusei_2_2_2

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで開運覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」  では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。

鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。

 

 ☆----------☆----------☆---------☆

 

9startenchijinkantei_2

本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい)の順で紹介しています。

ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」をお申し込み下さい。

有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」から鑑定をお申し込み下さい。

 

  ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

【その人だけの開運パワースポットを選定推挙】

【自分だけの“開運聖地”を選び出します!】

Fukagawahouryuu1webshou1_5_2

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では方位、名前、運気、課題、悩みなどを総合し、その人にピッタリ合ったパワースポットを有料で特別に紹介・推挙します。

旅行で開運するには、その人が、その時々で必要な気を得るために必要な場所に訪れて祐気取りをすることです。人によって、仕事や転職、進学、就職、人間関係、恋愛結婚など悩みは様々です。その人にとって、その時々に必要な「開運気」を得る場所は違います。

これには正確な吉方位、その人に合ったパワースポットをその時々に正確に選定する必要がありますが、この選定作業は個人で行おうと思っても至難の業です。

当方では、名前(本人の姓名、父方の祖母の旧姓、母方の父の姓名、母方の母の旧姓がわかるとより明確になります)、生年月日、課題、悩みを通して、今後六ヶ月間で本人にピッタリの国内パワースポットを深川宝琉が有料で独自に紹介・推挙します。

Powerspot1

パワースポットには自然パワースポットとスピリチュアルパワースポットがあります

前者はだれもが共通に得られる風水パワースポット。後者はその人の家系的な影響、地縁血縁、歴史、霊性、宗教性、精神性から得られるパワースポットです。

いずれも本人にとっては開運するきっかけとなるために不可欠な「唯我聖地(その人にとってだけのオリジナル開運パワースポット)」です。関心のおありの方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

 

   ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

Akachannamae2015

今年に入り、赤ちゃんの名付けを依頼される方が多く、それぞれに素晴らしい宝名を授けています。

できれば出産前に依頼され、こちらで選んだ宝名を抽出し、ご夫婦、ご家族で最終的に選んでいくのが良いですね。関心のある方は本ブログの「姓名判断」特集欄「四柱推命 天地人の運勢鑑定」姓名判断コーナー をご覧下さい

新たな2016年の開運ポイントを知りたい方には貴重なチャンスの期間です。時々、電話鑑定も調整して行っています

福岡での直接鑑定ができない方々は電話鑑定も調整して可能です。

最近、仕事にしても、恋愛結婚にしても、相変わらず、様々なお悩みからご相談されるケースが多いです。

 

  ☆----------☆----------☆---------☆

 

 

Starfortune001_2

2017年がどんな年になっていくか、関心を持つ時期に入ってきました

公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 では、このたび、「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です

東洋占術の核心である干支、ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。

東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。

Mayauranai

今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください

※ 鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。(サンプルは2017年NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』で主演を務める柴咲コウさん)

 

  ☆----------☆----------☆---------☆

 

Chikatetunanakumaline001

直接対面鑑定が増えてくると、場所を詳細に教えることが多くなります。

全国各地から訪ねてこられる場合が多く、博多駅や福岡空港、天神からのルートを教える必要があります。

鑑定所がある福岡市中央区六本松は七隈線の六本松駅から徒歩3分の場所にあり、便利なのですが、バスで来る場合、六本松行きのバスが天神や博多駅から頻繁に出ていることを知らない方もおられるので、細かく教えてあげることも多いですね。

鑑定所の場所に関する地図は示してあるのですが、あくまでも地下鉄六本松駅からのルート。

Tesoukouza001

詳細に鑑定所までのルートを以下、示していますので、そちらをご覧になってご来館下さい。地下鉄の駅からのルートは、かなり簡単です。

福岡占いの館「宝琉館」では、本格的な手相(西洋手相と中国手相)や易占、九星気学、算命学、風水、姓名判断などの運命学スクール を行っています。初級や中級、上級講座があり、基本的にマンツーマンで教えていきます。講師と受講者の都合に合わせ、日程を調整しながら着実に教えていて、好評です。時期によっては一泊二日や二泊三日で初級から中級、上級まで一気に受講することも可能です。

カルチャーとして学びたい方、プロの占い師になりたい方、それぞれの意向に合わせて運命学を教えていきますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。

 

☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆

 

 

Raban4

進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

Houryuukanmap100

《住所》 福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

鑑定予約 ℡090-3416-6230 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

全国各地から直接鑑定を受けに来られています。

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute

開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、分かりやすくご来館されるようにしています。

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば、間違うことはありません。  

Ropponmatueki2_2

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki17

301horyukanbig

Houryuu014

Houryuu005

300houryumap_2

Houryukanfukuoka001

『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 とり年(酉年)生まれ... | トップ | 2017年 いのしし年(亥年)生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

えと占い 2017年...」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事