一生仮宿

直腸癌切除後の排便障害で不自由な生活を送っています。
楽しみは酒と読書。

羽根屋 大吟醸

2016-12-31 13:30:10 | 




私が入院中に冬季手当があたった支給された娘

いつもならすぐにボーナスの酒、と言っていつもより少し高めの日本酒を買ってきます

それが退院後も禁酒だったので、昨日ようやくボーナスの酒を買ってきました

家族全員大好きな酒蔵、富美菊酒造

外れがなく美味しい酒蔵

これを飲んでようやく自分の口が不味いのだと分かりました

酒が解禁になってから飲んだ三種の日本酒

若鶴頒布会のお酒二種類

仕事納めの酒だと言って娘が買った来たAKEBONIO

どれを飲んでも味の違いが分からず苦味しか感じませんでした

期待して飲んだ羽根屋大吟醸

グラスに入れると、いつも通りの馥郁たる香り

口に含むと・・・苦い

ちょっと悲しい気持ちになりました

日本酒を楽しめないとは・・・今までの中で一番の後遺症?

自分で作る晩御飯も最近は美味しくないし・・・







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肺癌入院記8 術後五日目 | トップ | 本当に水だけで・・・レンジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事