一生仮宿

直腸癌切除後の排便障害で不自由な生活を送っています。
楽しみは酒と読書。

大腸がん主治医に

2016-12-20 14:08:36 | 肺癌
退院の報告に行ってきました

早期で抗がん剤が要らないことが分かると、自分のことのように喜んでもらえました

六年前からの影の拡大を早く発見してもらったおかげです

いつもの薬と、便秘のために座薬、肋間神経痛のための温湿布を貰ってきました

十五日間で便が出たのが三日だけ、マグミットと麻子仁丸ではもう荷が重いようです

温湿布は何枚いりますかと聞かれ

なるべくたくさん

なら四十枚出しましょう、いや六十枚にしましょう

と言うことで六十枚貰ってきました

前後ろの胸に、毎日一枚づつ貼っても次回の診察まで持ちます

これで痛みが和らげばいいのですが






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肺癌入院記1 入院前検査 | トップ | 肺癌入院記2 入院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肺癌」カテゴリの最新記事