一生仮宿

直腸癌切除後の排便障害で不自由な生活を送っています。
楽しみは酒と読書。

ジェネリックに、と言われても・・・

2016-12-28 11:34:18 | 肺癌
手術後の咳が止まらないので、二十六日の診察で咳止めを処方してもらいました

院外処方箋

今までの病院では院内で処方してもらっていたので、十年ぶりほどの院外薬局

お薬手帳の最後のシールは平成十七年になっていました

二十六日の処方箋をもって今日、朝一で薬局へ

受付番号一番

そこで勧められたのがジェネリック

このお薬にはジェネリックがあります・・・処方箋通りでお願いします

安くなるので・・・処方箋通りでお願いします

国の方針で・・・知ってます、処方箋通りでお願いします

で、ようやく諦めたようです

でも、貰った薬の説明書にもジェネリック書いてありました

このお薬の場合ジェネリックにすると3三割負担で368円安くなりますと

日本で使うジェネリックの原料の五割はインド、中国、韓国から入ってきているそうです

新薬と同じと宣伝していますが同じなのは有効成分だけ

添加物はそれぞれ違います

添加物の違いにより、新薬より溶けにくくなり効き目が悪くなる

添加物が患者の体質の合わずアレルギー反応が出ることがある

など信頼性は今一つ

大事な自分の体、368円を惜しんで損ないたくはありません

でも、500mlの缶ビールが・・・






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肺癌入院記6 術後三日目 | トップ | 肺癌入院記7 術後四日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む