方南白骨ドットコム(スポーツ編)

方南白骨がスポーツニュースぶった斬・・・れないかな

カズ“市販”スパイクで偉業!こだわりないこだわり

2017-03-13 10:36:03 | 日記
方南白骨です。
こうした記事を読むと、本当にすげぇ~って思うな。
昔はサッカーがうまい、ちゃらちゃらした人と思ってたけど、ぜんぜん違ってたって最近はすごく思うし、尊敬できる人だわ~・・・。何歳までやるのか分かりませんが、応援します。
<方南白骨.com>

カズ“市販”スパイクで偉業!こだわりないこだわり
 25年目のJリーグで、世界仰天の50歳弾が生まれた。J2横浜FCのFWカズ(三浦知良、50)がザスパクサツ群馬戦(ニッパツ)の前半40分、今季初ゴールを決めた。
 横浜FCのFWカズ(三浦知良)の50歳弾には、足に込めた「カズ魂」が宿っていた。サッカーを始めた小学時代からプロでも、スパイクを含めた道具を大切にする心は変わらない。2月8日にはスパイクが破れるほどの左足親指付近の裂傷を負った。その左足での偉業達成には“スパイクの神様”も味方についていた。
 左足を振り抜いたカズは、スパイクに魂を込めている。近年は試合ごとに履き替える選手も多いが、基本的には1足を履きつぶす。カズを20年以上担当してきたプーマ社の冨田氏は「年齢とともに足への負担も考えて履く数は多くなってきましたが、昔は年間で3足ということもありました」。用具を大事にする心も少年少女の手本だ。
 「こだわりがないのが、こだわり」(同担当)だ。スパイクへの改良要望もないため“カズモデル”はない。基本的には同社が一般発売している新商品を履く。カズの心は「一番よく改良されているスパイクだから売り出すんでしょ」。
 宮崎合宿中の2月8日のセレッソ大阪戦で左足親指付近を負傷し、4針縫った。当日、同担当のもとに「スパイクが、こんなに血まみれになってしまいました」のメッセージとともに、白いスパイクの写真がLINEで届いた。関係者によると、カズはスパイクに「ごめんな、痛い思いさせて」と話しかけていたと言う。
 新調したスパイクで史上初の50歳Jリーガーとして開幕から3戦連続で先発している。25歳だった92年11月のアジア杯イラン戦での決勝ゴール後「魂込めました、足に」と語ったカズ。50歳0カ月14日の決勝弾は、こぼれ球が左足に引き寄せられたかのようだった。 
(日刊スポーツ)
<方南白骨.com>

↓日本ブログ村現在のランキング↓
日本ブログ村

方南白骨が選んだおもしろ白野球動画をチェック!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月12日(日)のつぶやき | トップ | 3月13日(月)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む