室蘭市議会議員 こだま智明の徒然日記

日々の様子をしたためています。

「文学をしる・かたる・とどめる」~今 評論の力を~

2017-07-15 17:32:19 | 日記
室蘭市港の文学館2017年度企画展として、室蘭出身で東洋大学名誉教授の竹内清己氏による村上春樹「ノルウェイの森」への道《室蘭発》と題した講演会が行われました。

ロマンの世界化/世界化のロマンとして、「あかあかと一本の道とほりたり たまきはるわが命なりけり」と、斎藤茂吉の「あたらま」になぞらえて、「ノルウェイの森」を評論されていました。

この作品は本人曰く「100%の恋愛小説」で、小説成立の四要素(人物・時間・空間・事件)から説くことができる、格好の材料と言えるそうです。

作品の構成としては、男一人と女二人による人物の三角関係。モチーフは生と死、恋と愛、そして、様々な世界が重なり合う形で表現されています。

村上春樹の作品を、評論家としての視点で掘り下げて読むと、こうなるんだということが良くわかりました。

普段、何も考えずに読んでいることを、少しだけ反省しました。





にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へにほんブログ村
👆全国市議会議員ブログランキングに参加中です。ここをクリックしていただくとポイントになります!
     ご協力よろしくお願いします!!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第67回”社会を明るくする運... | トップ | 薬物乱用はダメ。ゼッタイ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む