方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

「神答弁」黒電話の恫喝に屈する左巻きへ警鐘!! 河野外相「対話のための対話は時間を与えるだけ」

2017年09月06日 | 政治

イザニュース
 5日に開かれた参院外交防衛委員会の閉会中審査で、共産党は、北朝鮮が6回目の核実験を強行したことを受け、米朝間の「無条件対話」を促すよう政府に求めた。
米国と北朝鮮の間の緊張がエスカレートすれば、偶発的に軍事的衝突が起きかねないとして「危機を回避ためには、無条件の直接対話が米朝間に必要だ。無条件の対話に踏み出すように求めていくことが必要だ」と訴えた。
 答弁に立った河野太郎外相は「今回の危機は、北朝鮮が一方的に暴挙に出ていることに端を発する」と指摘した上で「対話のための対話では北朝鮮の核、ミサイルの開発に必要な時間を与えるだけに終わったことを国際社会をよく認識している」と強調した
 河野氏は「北朝鮮が非核化に向けた明白な意思を表明し、具体的な行動を取る。そして対話が始まるべきだというのが国際社会の一致した認識だ」
と述べた。


河野外相の答弁・・
まさしく 現下の日本の置かれた 安全保障上の立ち位置を的確にとらえた,神答弁!
巷間 識者擬きの左巻きや カスゴミの間で 公然と呟かれている妄言。
頭から 対話を拒否し恫喝を繰り返している 黒電話・・
その黒電話の暴挙を回避するためだけの 無条件対話?
アホ共 それが可能ならば 北の核で開設された 6か国協議で、解決されていなければおかしい。
北の 脅威は今に始まったことではない。
左巻きの主張通りだとすれば そこには 国際間秩序など 放棄しろと言っているに等しい。
日本が 安全保障上において 曲がりなりにも平和が 保たれているのは、アメリカの核の下で守られているという事実。
その根幹部分を度外視して 我が国の安全は保てない。
「北朝鮮の核保有は認めざるを得ない。ならば、我が国も核武装しよう」
 話は
「北朝鮮の核保有は認めよう。しかし 日本の核保有は認めない」
 という論調・・
それが 国内から出てくる 日本の思考回路の不可思議さ?
日本国民は 日本の領土を真剣にま務る気概があるのか!
自身をもって そう言えるのであれば、憲法改正議論を 何故に 正面からやろうとしない?
矛盾だらけの日本・・
このままだと 本当に日本という国家は消滅する!
子々孫々へ 委ねる以前に・・・




政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カスごみの喜ぶ不倫ネタ!!... | トップ | 9月6日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神答弁 (希望)
2017-09-06 22:42:52
河野外相の神答弁、私も見ていましたが前任者の影が薄くなるほど見事でした。
堂々としていますよ、他の閣僚は見習わなければいけません。

それに比べて食い下がる共産党の質問者、みすぼらしかったですね、鎧の下が見え見えです。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL