方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

たけし師匠まで 蓮舫二重国籍に言及・・一刀両断!!

2017年01月03日 | 政治

アゴラ編集部;記事一部抜粋
テレビの世界で大御所と言われる方でも、ポリコレ的な制約の少ないスポーツ紙では、本音を包み隠さず話されます。あのビートたけしさんが、蓮舫氏の二重国籍問題に言及されていました。
安倍政権は長期になってるね。中曽根康弘元首相を超えて、戦後歴代4位だもん。ちょっと、やっぱり、野党第1党の民進党が蓮舫を担ぎ出してるのがおかしいよ。力ないもん。もし政権交代したら、蓮舫が総理大臣かい? 有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん。冗談じゃないよ。二重国籍なんてスパイみたいじゃん。台湾経由の中国のスパイだったら笑うだろうね。アブねーって。【たけし世相斬り】小池都知事は言ったことを一つも実現できていない(東スポWeb)
「二重国籍なんてスパイみたい」は、たけしさんらしい毒舌で、私たちもさすがに同調できませんが(苦笑)、しかし、このコラムの本題である小池都政の“限界”も含めて、人々が薄々感じている問題意識を顕在化させるところに、「世界の北野」の健在ぶりを感じさせます。そういえば、昨年のアゴラの人気記事の一つにトランプ氏をたけしさんになぞらえるエントリーもありましたが、たけしさんがイタリアの「五つ星運動」の党首のように、本気で政治運動を起こしたら、最強のポピュリストになってしまうかもしれません。
今年は1月下旬のトランプ氏大統領就任から、昨年以上の波乱含みの1年になるのは間違いありません。国内では、夏の都議選、そして年内に予測される解散総選挙の動きが注目されていますが、選挙になると政治的公平性という縛りのかかる既存メディアの限界を尻目に、アゴラでは本質をえぐる論考を今年も発信していきたいと思います。
ただ、既存メディアを敵視するばかりでは、過度期の立ち回り方としては賢いといえない部分もあります。既存メディア、ネットそれぞれにできること、できないことがあります。それを戦略的に計算しながら、私たちやアゴラ読者の皆様が目指す世界観を発信していくことも重要です。

蓮舫が総理大臣かい? 有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん。冗談じゃないよ。二重国籍なんてスパイみたいじゃん。台湾経由の中国のスパイだったら笑うだろうね。アブねーって。
なんだかんだ言っても あれだけ発信力に長けた、たけし師匠が、嘘吐きR4を、一刀両断に切って捨てている・・
胸のつかえが 一気に降りる!
マスゴミが 必死に擁護しても たけし師匠の口をふさぐことは出来ない。
それだけ マスゴミの力が凋落していると言うことでしょう。
年内に 衆院選が噂されている事を考えると、安倍政権はR4のままで、ブーメランを連発し続けてくれたほうが、選挙を戦いやすい・・
徒は言うものの 民進党内が このまま 代表を続けさせるかどうか?
正月開けには 党内から蓮舫降ろしの 風が浮きすさびそうな予感!!



政治 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿呆丸出し・・妄言!!世界は... | トップ | ここにも居た老害左翼信者が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事