方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

ここにも居た老害左翼信者が・・黒柳さん「辺野古、住民意見尊重を」 9条「変えてはいけない」

2017年01月03日 | 政治

女優でユニセフ(国連児童基金)親善大使を務める黒柳徹子さん(83)がこのほど、琉球新報のインタビューに応じ、沖縄への思いや平和の大切さについて語った。米軍普天間飛行場の返還に伴い政府が建設を強行する名護市辺野古の新基地建設について「沖縄の問題は難しい」と前置きしつつ、「住んでいる人たちの意見を尊重すべきだと思う。沖縄の方が嫌と言っているなら造るべきじゃない」と述べた。
 辺野古新基地建設について、県知事選や名護市長選などの選挙で反対の民意が示されたことを「知っている」と述べた上で「私は、住んでいる人たちの意見を尊重すべきだと思う。どんなことがあってもね。沖縄の方はみんな嫌だって言っているなら造るべきじゃない」と述べた。
 「あんなきれいな海が荒らされていくのは、ジュゴンだってかわいそう。(建設)しないで済むなら、こんないいことはない」とも述べた。
 憲法改定については「絶対戦争はしない国とし、それを誇りとしている憲法を変えようという動きは心配している」と述べた。特に憲法9条について「平和憲法を変えることは絶対してはいけない。先の戦争で300万人もの人が死んだ。将来ある若い人たちも」と力を込めた。


「沖縄県東村高江周辺のヘリパッド建設に住民らが反対していることに触れ
「そんなに必要なら海兵隊を東京に持ってきたらどうか」
アカに籠絡されて 老い先短い、自称;大女優がいたな・・
世間では彼女のファンの事をサユリストなんて呼んではいるが・・
今や ただの左巻き呆け老人の戯れ言しか吐けないおばあちゃま
タマネギおばさんも その仲間入りをしたと言うことか?
「住んでいる人たち?」
シナや半島;本土から送り込まれた似非プロ市民のどこが、地元住民だといえるのか?
反日メディアの 偏狂報道を鵜呑みにして、国家大系の十な問題に、軽々に 口を差し挟むものでは御座いませんことよ・・
今現在 シナの覇権主義の危険に晒されている事実には、黙りで口を閉ざして、9条を崇拝して、本当に 平和な沖縄を保てると マジでお考えか?
歳を取って 左翼脳に犯された人間ほど 始末に負えないものはない。




政治 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たけし師匠まで 蓮舫二重国... | トップ | シナの邪な野望!世論形成し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL