方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

シナの邪な野望!世論形成し国内分断を図る狙い潜むと注意喚起-公安調査庁

2017年01月03日 | 政治


ブルームバーグよりhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-26/OIS6CO6JIJUQ01
Share on Facebook
Share on Twitter
公安調査庁は2017年版「内外情勢の回顧と展望」の中で、中国の大学やシンクタンクが中心となって、沖縄で「琉球独立」を求める団体関係者などと学術交流を進め、関係を深めていると指摘した。
  交流の背景には、米軍基地が集中する沖縄で「中国に有利な世論を形成し、日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいる」として、今後の沖縄に対する中国の動きには「注意を要する」としている。
  同庁は日本の「公共の安全」に関して「内外情勢の回顧と展望」と題する報告書を毎年まとめており、17年版は21日に発表した。報告書は、中国が南シナ海問題をめぐり、日本を含めた対中包囲網の形成への懸念を強めていることに言及。安全保障関連法施行に伴う自衛隊の活動範囲拡大などを注視するほか、憲法改正にまつわる動きが出ていることについて、日本の「右傾化」として国際社会に警戒を呼び掛けていると指摘した。
  また8月12日付の中国の人民日報系紙「環球時報」では、「琉球を沖縄と呼んではならない」と題する論文を掲載していることにも触れた。紙面では「米国は、琉球の施政権を日本に引き渡しただけで、琉球の帰属は未定である」などと主張していることを紹介している。

オール沖縄なんて 耳障りのいいキャッチフレーズ掲げた、シナの傀儡工作員;翁長カツラの詐欺トークに引っかかった、おい縄県民が一番の被害者!
いいかげん目を覚ましたほが 賢明だと思うがな沖縄県民諸君。
自分たちの島に救う 外来危険種の害虫は 自分たちの手で駆除しようという、心を持ち合わせて居ずして、日本国民とは言えないだろ。
シナの扇動に乗せられて、反基地運動を展開しているという輩は、命の犠牲を払った先人を、自分らの都合のいいように、利用しているだけの事。
先人が シナの自治区に成り果てる愚を、草場の影から望んでいると思うかね?
日本が太平洋への航路に蓋してる現状から考えると、沖縄欲しくてたまらない。
そのお先棒を担ぐ翁長工作員を 何とか粛正しなくちゃ、沖縄に明日はない。
シナも 最後の手段は 武力で強引にって事は、充分予測の範囲内!
売国奴;翁長や似非プロ市民団体、偏向報道のマスゴミは 早急に駆逐すべし、
反日の芽は早いうちに摘む事が 最優先事項!!
自分達の美しい沖縄を 戦場にしたく無いのであればの話。




政治 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここにも居た老害左翼信者が... | トップ |  散文詩 ; 千代に八千代に... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これぞ「陰謀」 (HAKASE(jnkt32))
2017-01-04 20:45:14
今晩は。「大陸の陰謀」とはこの事です。
我国内にも、民進など野党勢力に、媚中媚朝の輩は多くいます。
中朝の工作員は、全国に潜入しているでしょうから、翁長知事以下、自治体幹部にしても、その籠絡は案外容易なのでしょう。
油断すると、我国の独立自体への脅威になりかねません。
現に、琉球独立派はもう取り込まれている訳ですから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL