方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

「当然」安倍首相、慰安婦問題を門前払い 領土問題挑発にも怒りの言及

2017年05月20日 | 政治

ZAKZAK
 安倍晋三首相は18日午前、韓国大統領特使の文喜相(ムン・ヒサン)国会議員と官邸で会談し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任を受け、「未来志向の関係を築きたい」「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と語った。慰安婦問題に関する日韓合意の見直しを掲げる文大統領の願望を、事実上、門前払いしたことになる。韓国は特使派遣と並行して、領土問題で日本を挑発してきたが、安倍首相はこ一見、友好的な会談にも思えるが、慰安婦問題については違う。
 安倍首相は会談で、「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と明言したのだ。「適切に~」というのは、「『最終的かつ不可逆的に解決される』とした日韓合意を順守せよ」「国家間の約束だぞ」という意味の厳命である。安倍首相の一歩も引かない姿勢におびえたのか、文特使から歴史問題への言及はなかったという。れにも断固抗議した。「極左・従北」とされる文政権に対し、決然とした姿勢を示した。

安倍首相、慰安婦問題を門前払い 領土問題挑発にも怒りの言及 韓国特使と会談

慰安婦問題に詳しい拓殖大の藤岡信勝客員教授は「『話せば分かる相手』という前提で韓国と接してきたことが間違いだった」といい、続けた。
 「日本は、韓国について『隣国で大事な国だ』という扱いで、さまざまな配慮や譲歩をしてきた。これは、まったく逆効果しか生まない。相手がまともであれば、誠意が通じるかもしれないが、そうでない相手には逆効果でしかない。未来永劫(えいごう)裏切られ、未来永劫悪者にされる流れは変わらない。なるべく韓国とは関わりを持たない方がいい」
 「韓国と断交しても、日本は経済的にやっていける。そう腹をくくって対処すべきだ。日本が譲歩する必要は1ミリもない」
 日韓通貨交換(スワップ)協定再開など、永遠に必要なさそうだ。

だいたい 特使と言えば、相手国に対しなにがしかの手土産を携えてくるもの。
何一つ手土産も持たず やって来てどや顔をする事自体が、不見識。
安倍総理も 大人の対応をしたのだろうが、本来であれば会う必要も無い小者。
裏切りの歴史の中の国家に 友好関係を期待する方がおかしなこと。
「日本組し易し・・」という印象を、半島の新大統領に抱かせるような 愚を犯すべきでは無い!
半島・・いらないでしょ!!?




政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散文詩 ; 夏姿 | トップ | 「爆笑」【加計学園】民珍のP... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL