方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

Theポエム ; 花簪

2017年02月22日 | 散文詩

春一番

梅花ほころぶ

杜小径


はるけき彼方

野辺を行く


翆の髪の

君ありき


適うなら

飾ってやりたや

花かんざしを


微笑む瞳に

映える耀の

眩しき君よ


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月21日(火)のつぶやき | トップ |  Theポエム ; 花簪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散文詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL