方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

「話を聞いてください」何度も…担任がいじめ放置 女児が不登校に 大津の市立小

2017年04月21日 | こころ

産経新聞
 平成25年に大津市立小学校で、当時4年だった女児が他の児童から足をかけられるなどのいじめを受け、担任の男性教諭に被害を訴えたにもかかわらず、この教諭が1カ月以上放置していたことが20日、分かった。
 女児はいじめをきっかけに不登校となった。いじめ防止対策推進法に基づき、市教委と学校が有識者らと調査し、まとめた報告書は「教員の危機意識が希薄」と厳しく批判している。
 報告書や市教委への取材によると、女児は25年10月ごろから、同じクラスの複数の児童から運動場で押されたり、教室で足をかけられたりしてけがをすることがあった。女児が嫌がるあだ名で呼ばれることもあり、やめるよう言っても収まらなかったという。
 担任の教諭は保護者から加害児童に注意してほしいとの手紙を受け取り、女児からも「話を聞いてください」と何度か訴えられたが、「授業が始まるので後で聞きます」といい、対処しなかった。 
 担任の教諭は保護者から加害児童に注意してほしいとの手紙を受け取り、女児からも「話を聞いてください」と何度か訴えられたが、「授業が始まるので後で聞きます」といい、対処しなかった。 

 2011年10月11日、いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自ら命を絶った。いじめの情報を共有せず、適切な対応をとらなかったとされる学校現場。悲劇を繰り返すまいと、5年の今も、再発防止への取り組みが市内の小中学校で続く
イジメ防止の取り組み・・
何処にそんな取り組みが続いているのですか?
続いているとすれば このような事態が発生するはずもない。
2011年の痛ましい事件の反省の上に立った学習が 全く為されて居ないと言う、証し。
あの時の 越 直美市長の涙の謝罪、あれは 空涙だったのか!
のど元過ぎれば 何とやら・・
口先だけの姿勢では、幼気な子供の心の傷は 癒やすことは出来ません。
大人の 偽善の犠牲者は・・いつも子供!!
そんな馬鹿げた社会・・いい加減に終りにしようよ!




政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「成敗」不敬の輩;民進党が... | トップ | アハッ;矢っ張り!!蓮舫 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL