方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

祝;!「テロ等準備罪」を新設した改正組織犯罪処罰法は11日午前0時、施行

2017年07月11日 | 政治

 組織犯罪を計画段階で処罰可能にするため、従来の「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設した改正組織犯罪処罰法は11日午前0時、施行された。
 改正組織犯罪処罰法の施行を前に、金田勝年法相は毎日新聞のインタビューに応じ、「恣意(しい)的な運用はできない」との認識を強調した。主な一問一答は次の通り。
 --成立時に委員会採決を省略する「中間報告」という形がとられ、審議は不十分との批判がある。
 ◆審議の進め方は国会の判断だが、ルールに基づいた対応だ。予算委員会などでも度重なる審議があった。
 --野党側は法相の答弁が「不安定」と批判し、法務省刑事局長が代わって答えることに反発した。答弁は混乱を招いたのではないか。
 ◆1100回に上る答弁を通じて誠実かつ丁寧な説明に努めてきた。局長の出席は国会が国会法に基づき判断した。充実した審議のためには、捜査の実務に精通した局長による細目的、技術的事項の答弁が必要だ。
 --捜査機関による乱用や監視社会化などへの懸念が根強い。
 ◆処罰範囲は明確かつ限定的で、裁判所による審査も機能している。恣意的な運用はできない。(通信傍受など)新たな捜査手法を導入するわけでもなく、監視社会を招くという意見も根拠がない。
 --懸念を払拭(ふっしょく)するための対策は。
 ◆全国の地検などに刑事局長名で適切な運用を求める通達を出した。法務省のホームページも更新し概要を分かりやすく説明する。さまざまな機会をとらえて法の内容や趣旨を周知し、理解を求めていく。【聞き手・鈴木一生】

反日マス塵は 施行されても尚且つ 「共謀罪」とレッテル貼り。
こういう 人心を惑わす輩に 真っ先に 法を適用すべし。
法の下の平等を履き違え、一般社会を騒乱応ずに巻き込む事こそが,明々白々なテロ行為。
美しい 草花を愛でるにも 常日頃からの剪定が必要不可欠。
荒れるに任せた状態では 美しい花は咲かない。
今の世の中 あれるん任せた草木と同様・・惨憺たる情況を,国民は是とするのか?
国民全てが 安寧の世を享受するために,整備された法!
創っただけで 活用されなければ、仏造って魂入れず・・
まずは 手始めに 腐れマス塵の目に余る暴走をストップさせよ!
マス塵に洗脳された輩が 詰みの無い民衆に刃を向ける・・・
断じてあってはならない事が、時として 起こりうるのが、世の常!
安倍総理の
「こんな人たちには負けるわけにはいかない・・」
その言葉を 実感として捉える時期が来る。
その時には もう遅い。
不穏な芽は 小さな内に摘んでおく・・これが安心した社会生活を送る鉄則!!



政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村




『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散文詞;雲叢ひろげ | トップ | 報道をしない法則発令! 絶対... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拙方も、奉祝です (HAKASE(jnkt32))
2017-07-11 12:40:04
改正組織犯罪処罰法施行、拙方も、一言奉祝申します。

慎重公正な運用や適用など、大きな課題もありますが、

まずは試行錯誤、対象をよく観察の上、ご対応願いたく思います。

それと、自称平和人権とか呟く、バカサヨ勢力の妨害活動にも備えないといけませんね。

まずは、お祝いまで。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL