方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

特亞二国に信頼しても頂かなくとも・・!日本「信頼できる」 タイ・仏は80%台も中韓は20%に届かず 

2017年04月23日 | マスゴミ

 公益財団法人の「新聞通信調査会」(長谷川和明理事長)は22日、米国、英国、タイ、中国、韓国、フランス6カ国の各約千人を対象に実施した世論調査の結果を公表した。日本が「信頼できる」と答えたのは、タイが89%と高く、フランスが80・4%、米国が76・8%と続いた。中国は16・9%で、韓国も13・9%と低かった。
 日本に関する報道内容で期待するのは、「科学技術」がタイを除く5カ国で1位だった。米国、英国、フランスでは「国際協力、平和維持活動」が2位で、中国では「ファッション、アニメ、映画」が、韓国では「政治、経済、外交政策」が,それぞれ2位だった。
 いずれの国でも80%以上が「報道の自由は常に保障されるべきだ」と回答する一方で「報道の自由を振りかざしている」と答えた人が半数を超えた。

 シナさまと南鮮さまに、信頼されていなくとも、タイして困ることもない。
かえって 関心を持たれない方が 日本にとっては歓迎すべきこと。
下手に信頼されると 信頼してやるから金寄越せ・・
毟りタカリに豹変してくることは、過去の歴史が如実に、証明している。
この調査結果がもたらすように 日本の野党もマス塵も シナor半島人と 根っ子は同類だと言うこと。
そのような 屑の煽動に乗せられようにしましょうね・・
情弱なジジババ様方よ!




政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江田すたこら・・遁走!!民... | トップ | 内閣支持率、58%に上昇・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
歴史は如何にして認識されるのか――望ましい国際関係構築のための試論 (徳丸無明のブログ)
歴史認識の問題について。 日本と韓国、及び日本と中国は、歴史認識を巡って対立を続けている。何故、歴史認識は一致をみないのか。そもそも、歴史を認識するとは、どういうこと......